ライド・オア・ダイ - 羅夢の映画放浪記

ライド・オア・ダイ

ライド・オア・ダイ
評価 ★★★☆☆

私立探偵コンラッド(ラッド)の幼馴染、カリスマ・ラッパーのベンジャミンが死んだ。
警察は自殺と断定したが、ラッドは疑いを持つ。
美人武器商人リサを相棒に捜査を開始したラッドは、やがて華やかな音楽ビジネスの陰に隠れた巨大な陰謀に巻き込まれてゆく!

『キル・ビル』のヴィヴィカ・A・フォックス主演によるノンストップアクションサスペンス。
問答無用のバトル・アクション。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2003年に製作された、アクションミステリーサスペンス。

まず、ツッコミ所満載で、物語に緩急がなく、銃撃戦がショボく、設定がベタなうえ、カーアクションもベタ。
アクションに関しては所々、なにかのパロってる見た事あるようなシーンが多々ある。
ストーリーも、B級スパイ探偵物語っと言った所か。

ちょっと途中、眠たくなってしまったが、すげぇ~つまらねぇってわけでもない、微妙な作品でした。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1709-385ba3cf