ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 - 羅夢の映画放浪記

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 スタンダード・エディション [DVD]
評価 ★★★☆☆

水木しげる原作の人気漫画を豪華キャスト共演で実写映画化したシリーズ第2弾。
“かごめの歌”を聞いた女性が失踪する怪事件が発生。
事件の背後に妖怪の関与を感じ取った鬼太郎は、千年の時を経て蘇った悪霊の呪いが原因であることを突き止める。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2008年に製作された、『ゲゲゲの鬼太郎』実写版の第2作目。

主人公は前回と同様、ウエンツ瑛士。
その他、新たなキャストに北乃きいや、猫娘役の田中麗奈等々、今回も豪華な主演人となっていた。

まぁ、豪華なキャストとは裏腹に、相も変わらずストーリーは茶番に仕上がっていますがw

しかし、猫娘の髪型のカツラっぽさや、その他諸々改善されている努力はチラホラ見えました。

興行成績も落ちたし、可もなく不可もないと言った感じの作品なので、第3弾は当分先の話になるのでは!?
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1747-da87ce6e