硫黄島からの手紙 - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙 [DVD]
評価 ★★★☆☆

監督クリント・イーストウッドが贈る史上初、日米双方の視点から描いた硫黄島2部大作。
Peter Travers, ROLLING STONE
届けられなかった数百通の手紙
彼らはそこに、何を託したのか
Joel Siegel, GOOD MORNING AMERICA
2006年、硫黄島。
地中から発見された数百通もの手紙。
それは、61年前にこの島で戦った男たちが家族に宛てて書き残したものだった。
届くことのなかった手紙に、彼らは何を託したのか。
戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立った。
硫黄の臭気が立ち込め、食べ物も飲み水も満足にない過酷な灼熱の島で掘り進められる地下要塞。
このトンネルこそが、圧倒的なアメリカの兵力を迎え撃つ栗林の秘策だった。
最後の最後まで生き延びて、本土にいる家族のために一日でも長く島を守り抜け。
「死ぬな」と命じる栗林の指揮のもと、5日で終わると思われた硫黄島の戦いは36日間にも及ぶ歴史的な激戦となる。
61年振りに届く彼らからの手紙。そのひとりひとりの素顔から、硫黄島の心が明かされて行く 。

1944年、陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。
本土防衛の最後の砦の硫黄島だったが、場当たり的な作戦と非情な体罰により、兵士たちは疲労と不満が渦巻いていた。
ところが栗林は違った。
アメリカ留学の経験があり、敵国を知り尽くした男は、体罰をやめ、島のすみずみまで歩き、作戦を練りに練った。
そして米国が来襲。
硫黄島は5日で落ちると予想されていたが、壮絶な闘いは36日間にも及んだ。
しかし、その闘いで兵士たちは何を思ったか。
それは61年後に掘り起こされた、出されることのなかった家族への手紙にしたためられていた…。

クリント・イーストウッド監督の2部作『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』。
本作は日本側から見た硫黄島の闘いを描き、そこで何か起こったのか、兵士たちは何を思って闘ったのか、本作では戦場での兵士たちの日常がつづられる。
闘いは厳しく、その残酷さに思わず目をそむけてしまうシーンもあるが、戦争とは悲惨で残酷なのだと改めて思わせる。
そしてその戦争の虚しさを伝えているのは、兵士・西郷と彼をとりまく若者たち。
渡辺謙演じる栗林中将ではなく、主役は若い兵士たちというのは意外だったが、だからこそ、この映画は意味がある。
この映画は栗林のヒーロー映画ではない。
見る者は西郷の思いに共感し、彼に生き抜いてほしいと願う。
硫黄島の闘いを象徴しているのは若い兵士なのだ。
西郷演じた二宮和也は戦場でも自分を見失わないように懸命に生きる若者を、加瀬亮がやさしさゆえに挫折を味わう男を熱演し、伊原剛志は元五輪選手のバロン西を豪快に演じる。
彼ら日本人俳優たちのアンサンブルは絶妙!
しかし、いちばん驚くべきは言葉を壁を超えたイーストウッド監督の演出、さすが名匠、見事だ。

"C・イーストウッド監督が、硫黄島の戦いを日本側の視点から描いた戦争ドラマ。
戦時中の兵士たちの素顔が赤裸々に明かされる。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2006年に製作された、クリント・イーストウッド監督の『硫黄島の戦い』を日本側からの視点で描いた戦争映画。
アメリカ視点で描いた『父親たちの星条旗』の2部作であり、物語はだいたい想像出来るがこちらも見てみたい。

内容的には戦争の虚しさと、兵達の心理状態を上手く表現している作品で、とくに日本兵が極限状態の中、結局なんの為に戦ってるのかと自分を見失う心情なんかは、偏った戦争映画を見るよりリアルです。

アメリカ側も正義、日本側も正義、ではいったいどっちが正義でどっちが悪?

非常にむずかしい両者の戦争心理を描く事に挑戦したクリント・イーストウッド監督の良作映画です。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1754-704c5b87

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。