20世紀少年 第1章 終わりの始まり - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20世紀少年 第1章 終わりの始まり

20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [DVD]
評価 ★★★☆☆

世界が終わろうとしています。
ぼくらの“ともだち”によって―。

1969年。少年ケンヂは、地球滅亡を企む悪の組織に立ち向かう正義のヒーローを夢見て、仲間たちと「よげんの書」を作り上げた。
そこに描かれたのは、現実には起こりえない“未来”のはずだった…。
1997年。
大人になったケンヂの周りで、幼なじみの死をきっかけに次々と不可解な事件が起こり始める。
時を同じくして、世界各国では謎の伝染病による大量死が相次ぐ。
実は、これらの事件はすべて、かつてケンヂたちが作った「よげんの書」のシナリオ通りに起こっていた!世界を陰で操る謎の男“ともだち”とは?
果たしてケンヂは滅亡の一途を辿る地球を救うヒーローになれるのか?
そして、2000年12月31日。「よげんの書」に書かれた人類が滅亡する“その日が訪れる・・・。

浦沢直樹の大ベストセラーコミックを映画化した全3部作の第1章。
冴えない毎日を送る青年・ケンヂは、「ともだち」と呼ばれる謎の教祖率いる教団が引き起こす事件が子供の頃に作った「よげんの書」とそっくりであることに気付く。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2008年に製作された、アニメ『21世紀少年』を実写化した作品。

映画では表現出来ないと言われていた世界観を見事に表現している映画でもある。

そうそう、こないだやっていたTVスペシャル『20世紀少年 もう一つの第1章』とくらべると、細かい設定や描写、ネタバレ、ヒントが多くつまっているので、違う感じで楽しめました。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1757-6aa5476c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。