ザ・マジックアワー - 羅夢の映画放浪記

ザ・マジックアワー

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]
評価 ★★★☆☆

「命が惜しければ、五日以内に幻の殺し屋“デラ富樫”を見つけて来い!」
街を牛耳るボス・天塩(西田敏行)の愛人・マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後(妻夫木聡)。
命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を連れて来ると誓うが、期日が迫ってもデラは見つからない。
窮地に陥った備後が取った苦肉の策は、無名の俳優村田大樹(佐藤浩市)を雇って、殺し屋に仕立てあげることだった。

まるで映画のセットのような不思議な港町、守加護(すかご)で、すべてを映画の撮影だと信じ、伝説の殺し屋を演じ続ける村田。
その俳優を本物の殺し屋だと勘違いし、雇ってしまう天塩。
そして、自分の命を賭けて、2人の男をだまし通そうとする備後。
果たして、<彼ら>と<彼らに巻き込まれていく人々>の運命は一体どうなるのか!?

三谷幸喜監督によるコメディ最新作。
ギャングのボス・天塩の愛人に手を出してしまったホテルの支配人・備後。
天塩に伝説の殺し屋“デラ富樫”を連れて来れば許すとの条件を出された彼は、売れない三流役者・村田に富樫を演じさせることを思い付くが…。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2008年に製作された、『三谷幸喜』監督の映画シリーズ第4作目。

内容的には、手下がボスの女に手を出し見つかり、「殺されたくなかったら、伝説の殺し屋を見つけてこい」と命令される、そんなアウトローなコメディ映画。

ん~、『三谷幸喜』の映画は面白いので、ちょい期待しすぎてしまったせいか、もう少しパンチが欲しかったような気がする作品。

かなり強引なドタバタ劇なので途中ちょいイラッってくる場面が多々ある。

今回も舞台で抜群の威力を発揮しそうな構成で、内容的には申し分ないのだが・・・

オイラ的には次回期待って所ですなw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1785-a4dc8b4e