明日の記憶 - 羅夢の映画放浪記

明日の記憶

明日の記憶 [DVD]
評価 ★★★☆☆

若年性アルツハイマーと聞くと、悲痛なドラマを連想するが、本作は観終わってどこか希望の光を感じさせる。
それでいて、病気の現実を真正面からとらえる。
この意味で、ひじょうに好感が持てる作品である。
渡辺謙が演じる主人公は、50歳を前にして物忘れがどんどんひどくなる。
最初に彼が受ける病院の検査から、観る者に同時体験させることで、アルツハイマーの怖さをリアルに実感させていくのだ。
もし自分が、あるいは家族や同僚が…と切迫感を高める展開が見事。

これ以前の作品ではトリッキーな演出で賛否もあった堤幸彦監督だが、本作では記憶が曖昧になっていくドラマに、その演出方法がピタリと合っている。
この種の映画では、得てして悲劇だけが全面に押し出されがちだが、周囲の人間のさまざまな反応、とくに相手がアルツハイマーであることを利用しようとする人間の悪い部分もさり気なく盛り込み、多面的に考えさせるところが秀逸。
木梨憲武、大滝秀治ら脇役の存在感も光っている。
クライマックスからラストが、これほど心地よいのはなぜだろう?
それは作り手の、人生に対する賛歌が託されているからである。(斉藤博昭)

『トリック 劇場版』の堤幸彦監督が、山本周五郎賞を受賞した荻原浩の同名小説を渡辺謙、樋口可南子共演で映画化したドラマ。
若年性アルツハイマー病に突如襲われた50歳の働き盛りのサラリーマンと、そんな夫を懸命に支えようとする妻との絆を綴る。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2005年に製作され、2006年5月13日に公開された、『渡辺謙』主演のヒューマンドラマ。

内容的には、若年性アルツハイマー病に悩む主人公(渡辺謙)の物語。

記憶がなくなる恐怖や周囲で支えている人達の大変さなどがリアルに描かれている作品です。

アルツハイマーという難病の重いテーマなのだが、ほのぼのシーンを組み合わせて程よい雰囲気をかもし出している。
しかし、きれいごとだけではなく、醜い部分も描かれています。

監督ならではの独特な不思議なシーンが沢山あり、今回のテーマとマッチしていてとても良い。

家族愛にも感動したが、記憶の大事さも再度認識させられました。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1801-f034e3de