隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS スタンダード・エディション [DVD]
評価 ★★★☆☆

隠された黄金と狙われた姫を追って、壮大なアドベンチャーが幕を開ける――。
目を離すな、振り落とされるな、痛快無比の冒険活劇――DVDで登場!!

時は戦国―弱肉強食の時代。
とある地方に、互いに国境を接する早川、秋月、山名という三つの国があった。
ある日、山名が秋月に侵攻。
圧倒的な軍勢の前に、秋月城は陥落した。
しかし、生き残った雪姫(長澤まさみ)と莫大な軍資金・黄金百貫は城から消えていた……。
秋月領で隠された黄金を探す、山名軍の過酷な労役から逃亡した金掘り師の武蔵(松本 潤)と木こりの新八(宮川大輔)は、ひょんな偶然から秋月の隠し金を発見する。
その直後、ふたりの前に真壁六郎太(阿部 寛)と名乗るサムライとその弟が現れた。
六郎太に金を奪われた武蔵たちは、秋月領から金を運び出す奇策を授ける代わりに金の分け前を要求する。
金を運び出すために手を組む武蔵たちと六郎太。
道中、武蔵と新八は隙あらば金を奪い取ろうとたくらむ。
それぞれの思惑を胸に、一行は山名領へと踏み入る。
その背後には、雪姫と六郎太を追う冷酷無比な山名のサムライ大将・鷹山刑部(椎名桔平)の手が追っていた…。

松本潤、長澤まさみほか豪華キャスト共演の冒険活劇。
時は戦国。
小国・秋月の城が隣国・山名の侵攻を受けて陥落。
そんな折、山名軍から逃げ出した金掘師の武蔵と木こりの新八は、偶然から秋月の隠し金を発見し…。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2008年に製作された時代劇アドベンチャー。
1958年に製作された『黒澤明』監督のリメイク作でもある。

内容的には、国を攻められ陥落し、一時身を隠す為に逃亡する姫に偶然出会う金掘り師と木こりとサムライ。
それぞれの思惑を秘めながら協力し合い助け合いながら目の前の問題を解決していく物語。

自分の欲の為裏切るのか、それとも・・・

時代劇と言っても時代劇臭さを感じないアニメのような冒険活劇。
ちょいキャラが軽く描かれすぎていて物語を浅くしてしまっているようにも思えるが、『黒澤明』の大作に対抗する為にはこのくらい奇抜じゃないとダメだったのかな?

まぁ、娯楽としてはそれなりに楽しめる作品に仕上がっています。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1804-68368711

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。