16ブロック - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16ブロック

16ブロック [DVD]
評価 ★★★☆☆

わずか16ブロック(区画)先に証人を護送する-。
それは簡単な任務のはずだった・・・。
『ダイ・ハード』でNYを救い、『アルマゲドン』では地球をも救った男が挑む。
ブルース史上、最悪の一日。

ニューヨーク市警の刑事ジャックに課せられた任務は、16ブロック(区画)先の裁判所に証人を送り届けるだけのごく簡単なもの。
だが、護送中、何者かに襲撃されてしまう。
その証人が警察内部の不正を目撃していたのだ。
法廷での証言開始まで残された時間は118分。
不運にも警察を敵に回し、ジャックの人生で最も険しく、長い、わずか16ブロック先への<護送>が始まった・・・。

日本で言うなら原宿~渋谷間ほどの距離にあたる、16ブロック先の裁判所まで、留置場から証人護送をすることになったNYの刑事ジャック。
だがその証人が実は警察の不祥事を暴く輩だったことから、ジャックの仲間の刑事たちが証人を消そうと襲ってきて…。

簡単任務がとんでもない地獄の逃避行となるという物語。
主人公を演じるのがブルース・ウィリスだったため、『ダイ・ハード』的派手系アクションかと思いきや、もっと各々のキャラクターの人生ドラマが濃縮に詰まり、しかも『24』ばりにリアルタイムで進行するので相当にスリリング。
「人間は自分の努力次第で変われる」という不滅のテーマもキチンと織り込まれ、最後は観客にほっこりとした温かさをも感じさせてくれるあたりが素晴らしい。
リチャード・ドナー監督の演出力を堪能せよ。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2006年に製作された、『ブルース・ウィリス』のアクション作。

内容的には、簡単な護送任務を任された主人公(ブルース・ウィリス)だったが、その証人は刑事の汚職事件の証人だったため、主人公は陰謀の渦に巻き込まれてしまう。

っといった感じのストーリー。

実は主人公もこの事件に深く関わっている!?

そんな主人公の性格はかなりダメダメの酒に溺れただらしない刑事。
その、刑事が一瞬にして正義に目覚めてしまう。

人は一瞬で変われるという事ですなぁ。

物語的にはなんか物足りなさを感じたが、かなり渋い作品に仕上がっていて、まぁまぁ楽しめる、そんな映画でした。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1821-4633c56e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。