ハイダウェイ - 羅夢の映画放浪記

ハイダウェイ

ハイダウェイ【字幕版】 [VHS]
評価 ★★★☆☆

交通事故で生死の境を彷徨ったハッチは、自分が見知らぬ少女を刺し殺すという白昼夢を見る。
それは、彼が臨死状態の時に心がシンクロした殺人鬼が見た光景だった…。

『ザ・フライ』のJ・ゴールドブラム、『クルーレス』のA・シルバーストーン主演。
米モダンホラーの人気作家ディーン・R・クーンツ原作のSFXサイコ・スリラー。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1996年に製作された、SFXサイコスリラー。

内容的には臨死体験で死の世界と現実を行き来出来るようになってしまった物語。
臨死した時に、殺人犯の魂とリンクしてしまって悪夢を見るように、その光景をヒントに犯人を捕まえる、そんな展開が見所。

オイラ的にはあまり期待しておらず、B級のオカルト映画かと思っていたのだが、ストーリーの展開や設定は素晴らしく、かなり面白い仕上がりになっている。

しかし、最初の物語の展開がちょっと分かりづらく、ツカミを失敗してる感が残念。

まぁ、途中から最初の意味分からないシーンが急にリンクして理解出来るようになるので、そこまで辛抱しましょうw

最後のオチもユーモアーたっぷり。
ここで?って思うほど、いきなりCGシーンをぶっ込んでくる展開、突っ込み所満載で感心です。

もう少し違った型でリメイクしたら完璧な映画になるのでは!?

評価的には★4に近い、★3.5って所です。

ちなみにDVDにはなっていないようなので、見たい人は中古ビデオ屋で購入するかレンタル屋に行って探してみましょう。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1830-2a009b23