リーピング - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーピング

リーピング 特別版 [DVD]
評価 ★★★☆☆

オスカー女優ヒラリー・スワンク主演!ホラー・レーベル“ダークキャッスル”がおくる、本格オカルト・ホラー・サスペンス!

その村を襲う戦慄の怪奇現象!!
世界に闇をもたらすのは、その少女。

大学教授キャサリン・ウィンター(ヒラリー・スワンク)は奇跡を信じない。
今までに彼女が解明できなかった“聖なる”謎は一つもなかった。
そんなある日、アメリカ南部の小さな町ヘイブンの教師ダグ・ブラックウェル(デビッド・モリッシー)がキャサリンのもとを訪れ、町の人々が神のなせる業だと信じている一連の不可解な出来事を解明してくれるよう頼む。
その小さな町で起きた、一人の少年の不可解な死。
そして事件と同時に真っ赤に染まった川の水。
それはまるで旧約聖書に登場する“十の災い”の始まりそのもの。
その後も立て続けに起こる“十の災い”に酷似した怪奇現象は科学的説明のつかないものばかり・・・。
町中を覆い尽くした恐怖と疑惑は、死んだ少年の妹ローレン(アナソフィア・ロブ)へと向けられ、そして村人たちは信じ始める。
『この少女を葬れば、町は救われる』。
さらに、キャサリンの古き友である神父(スティーブン・レイ)が発した恐るべき警告。
『その少女を殺らなければ、世界は終る』。
そして、一連の怪奇現象の謎の真相に近づくにつれ、キャサリンはヘイブンに隠された、恐ろしい真相を知ってしまう・・・。

まず、『リーピング』は安手のありきたりな方法を利用している。
『チルドレン・オブ・ザ・コーン』、『魔鬼雨』、『鮮血!!悪魔の爪』、『All the Colors of the Dark』といった類似作品よりも恐怖度の少ないものを拝借しているほどだ。
そしてCGの特殊効果の乱用で、もとから出来の良くない映画はさらにお粗末となっている。
ルイジアナ州立大学の科学者、キャサリン・ウィンター(ヒラリー・スワンク)は沼地での事件の調査に向かい、最初はこの事件が聖書に関する疫病であることを否定する。
川が血に染まり、空からカエルが降ってきて、家畜が死に、町の人々は赤い湿疹に全身を覆われて倒れる。
大学教授になる前はたまたま宣教師であったキャサリンは、この恐ろしい出来事を宗教との関わりなしに解明しようと奮闘する。
やがてキャサリンの疑い深い態度は、彼女を危険に追いやることとなる。
町の人々は、悪魔を崇拝する地元の家族の娘で魔法に魅入られたローレン・マコネル(アナソフィア・ロブ)を責め、キャサリンは死んだ我が娘を思い出させるローレンを守ろうとする。
キャサリンとローレンは天使と悪魔として戦い、やがて自分たちが信仰を守るチームとして、実は誰もが、邪悪で同族婚を行ってきた悪魔信仰のカルトであった町の人々に対抗していることを知る。
キャスティングはよくないし、演技もひどいが、ヒラリー・スワンクだけは少なくともベルトにハンティング・ナイフをつけて湿地を横断し、セクシーに見える。
『ローズマリーの赤ちゃん』のエンディングはケーキの飾りのようなものだ。
『リーピング』にはオリジナリティは皆無、強いて挙げれば、これまでに製作された悪魔信仰映画の最大の搾取であるとは言えるかもしれない。

奇跡を信じない大学教授のキャサリンは今まで解明できなかった聖なる謎はなかった。
そんな彼女の元に、アメリカ南部の小さな町ヘイブンで起きた不可解な出来事を解明してほしいという依頼が舞い込む。
不可解な死を遂げた一人の少年の事件と同時に真っ赤に染まった川の水。
それはまるで旧約聖書に登場する“十の災い”の始まりそのものだったのだ…。
ヒラリー・スワンク主演で贈る本格ホラー・サスペンス。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2006年に製作され、2007年5月19日に公開された、ホラーサスペンス。

『イナゴ少女、現る』で思い出す人もいるのでは?

内容的には、聖書に基づいて町におこる不思議な災いを恐れた住民は、お告げの通り少女を生け贄にし殺害しようとするが、数々の奇跡の真相を解明してきた大学教授がこの謎に挑む。

そんな感じのストーリー。

悪魔と天使の戦い?
それとも人間が作り出した幻想?

まぁ、この手の作品は、今回のようなオチになると一気に冷めますね。。。
オチもよくある感じだし、全体的に古い手法のよくあるホラーストーリーにくわえ宗教色が強いので、取っ付きにくい作品になってしまっている。

っといっても、途中までは結構いい感じの映画だったんだけどねぇ。

町の人全員・・・とかになっちゃうと、もう、めちゃくちゃです。。。

とにかく、DVDのジャケットはかっこいいですw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1856-665a9bd2

『リーピング』

リーピング オスカー女優、ヒラリー・スワンクが、 「神の奇跡」を解明する科学者を演じるオカルト・スリラー 【個人評価:★★☆ (2.5P)...

2010-10-11 12:56 | from 『映画な日々』 cinema-days

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。