リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!? - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?

リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!? [DVD]
評価 ★★★☆☆

森の事件にはウラがある!
スーパーぶっとび赤ずきんストーリー。
誰もが知っているおとぎ話…と思ったら、大間違い!!
ポップで型破りな謎解きエンターテインメント!!
『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』

全米初登場No.1を獲得した長編フルCGアニメーション!ヨーロッパ、アジアなど世界各国でも大ヒットを記録し、早くも続編の製作が始まっている。

“赤ずきん”の少女レッドは、いつも自転車でパケットおばあさんの作るお菓子を配達している。
ある日、山の上に住むおばあさんの家を訪れたレッドは、おばあさんに変装した“オオカミ”に襲われ、悲鳴を上げる。
そこへ、ぐるぐる巻きに縛られた“おばあさん”がクローゼットから飛び出してくる。
さらに、斧を持った“きこり”のカークも叫びながら窓から飛び込んでくるのであった―。
現場へ駆け付けた警察は、森一番のお菓子作りの名人であるパケットおばあさんの家で起きた事件が森中のお店からお菓子のレシピを盗み、平和な森を絶滅寸前の危機に追い込んでいる“レシピ泥棒”と関係があると考え、レッド、オオカミ、カーク、パケットおばあさんの4人を連行しようとする。
そこへ、ダンディーな“カエルの探偵”ニッキ-が現れ、「容疑者が4人いれば、話も4パターンある」と説得され、事情聴取が始まるが案の定、4人の証言はバラバラで、さらには全員“裏の顔”を持っていた事を突き止める。
嘘をついているのは一体…果たして、事件の真相は?

かの『赤ずきん』をベースにした面白アニメが登場。
森で次々と起こる、美味しい料理のレシピを盗む事件。
そんな中で森一番のお菓子作りの名人・パケットおばあさんのレシピが狙われた!?
カエルの探偵により、おばあさんのもとにやってきたレッド(=赤ずきん)、おばあさんのフリをした狼、飛び込んできた木こり、そして縛られていたパケットおばあさんの事情聴取が行われる。
だがその話がパズルのように組み合わさっていくにつれて、驚くべき真実が見えていくという仕掛け。
それぞれのキャラクターの話す内容のズレが意外な結果を作るという『薮の中』方式の物語は本当に面白い。
ちょっとブラックなテイストのあるユーモアも楽しい。
だが問題はその映像。
3DCGの出来があまりにもチープだし、構図などもとても安易な感じで、本気で作っているのかしらと思えてしまうほど。
もっと画に力を注いでくれたら『シュレック』レベルの傑作になった気がして惜しい。
日本語吹替え版も悪くないぞ。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

このアニメは2005年に製作され、2007年10月6日に公開された3Dアニメーション。

内容的には、童話『赤ずきん』をベースに様々な童話キャラが、ひとつの事件の謎を一つずつ検証し、犯人を特定していくストーリー。

童話アニメという事で、かわいいアニメを想像している人は要注意。
作り込んではいないが妙にリアルな3Dで、キモカワ設定ですw

日本語声優人達は芸能人起用なので心配したが、違和感はなく、物語にとけ込んでいました。

まぁ、かなりグロテスクな雰囲気漂うアニメだが、どんどん伏線が一つになっていく仕掛けが面白かった。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1862-6899de74

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。