しゃべれども しゃべれども - 羅夢の映画放浪記

しゃべれども しゃべれども

しゃべれども しゃべれども 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]
評価 ★★★☆☆

伝えたい― 誰かを 何かを 「好き」という想い

映画単独初主演、TOKIOの国分太一が落語家を熱演!
日本アカデミー賞最優秀監督賞受賞の平山秀幸監督が、2007年度本屋大賞受賞で人気爆発の佐藤多佳子による原作小説を映画化。
観ると元気になれる 爽やかな青春感動ドラマが誕生した。
主題歌はゆず書き下ろしの「明日天気になぁれ」。

古典を愛する二つ目の落語家、今昔亭三つ葉。
思うように腕もあがらず、悩んでいる彼のもとに、「落語を、話し方を習いたい」とワケありの3人が集まってくる。
すこぶる不愛想で口下手な美人・十河五月、勝気なためにクラスになじめない大阪から引っ越してきた少年・村林優、毒舌でいかつい面相の元プロ野球選手・湯河原太一。
ひょんなことから「話し方教室」を開くことになった三つ葉だが、3人は集まるごとに言い争い、なかなか落語も覚えない。
想いを寄せていた女性には結婚相手がいることを知り、ますます落ち込む三つ葉。
しかし、「落語が好きだ」という強い気持ちに突き動かされ、師匠・小三文の十八番「火焔太鼓」に挑戦することを決意する。
はたして、それぞれの気持ち、本当の想いは、伝わるのだろうか・・・・・・。

2007年5月に公開された、国分太一(TOKIO)主演の感動ムービー。
共演は、香里奈、森永悠希、松重豊、八千草薫ほか。
原作は、2007年度本屋大賞受賞作家・佐藤多佳子による同名の人気小説。
本作が初の映画単独主演となった国分が、古典を愛してやまない噺家・今昔亭三つ葉役に挑戦。
落語を介して人を救い、自らも成長していく姿を描き、“しゃべること”のパワーを知らしめた温かな作品。
面倒見がよくて気のいい三つ葉は太一のハマリ役で、賢明にして軽快な落語シーンは大きな見どころのひとつ。
また、美人なのに話し下手な五月役・香里奈の好演も忘れがたい。
言葉の芸術・落語が架け橋となる恋と人情の行く末は……?
――“二つ目”の落語家・三つ葉は、ひょんなことから3人の変わり者に頼まれ、話し方教室を開くことになり……。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2007年に製作された、落語を題材にしたハートフルドラマ。

内容的には、半人前の落語家の元にひょんな事から3人の弟子を抱える事に、、、

それぞれ全く違う性格のデコボコ4人組が、落語というものを通じて自分の苦手を克服する、そんな感じのストーリー。

映画という枠内でうまく収まってはいたものの、もう少し深く描かれて欲しかったなぁっと。
面白かったけど物足りなさも感じてしまった。

まぁ、最後は爽やかな気分にさせてくれるので、みてよかったぁっと思えるそんな作品に仕上がっている。

ドラマ『タイガー&ドラゴン』と同じように、落語が分からなくても楽しめますよ。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1864-2ff6d07c