僕の彼女はサイボーグ - 羅夢の映画放浪記

僕の彼女はサイボーグ

僕の彼女はサイボーグ 通常版 [DVD]
評価 ★★★☆☆

猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』クァク・ジェヨン監督最新作。
パワフルな“彼女”とちょっと頼りない“僕”のピュアで切ないラブストーリー

ひとりぼっちで過ごす20歳の誕生日。
寂しい大学生ジローの前に、突然キュートな彼女が現れる。
彼女と過ごした数時間は人生の中でも最も輝ける時間となるが、突然彼女は姿を消してしまう。
そして1年後の21歳の誕生日、ジローは再び彼女に出会う。
似ているけど、どこか違う、“完璧”な彼女に─。
しかしそれは決して起こるはずのなかった、運命を変えてしまう“恋”の始まりだった─。

『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督が、日本を舞台に描いたファンタジックなラブストーリー。
20歳の誕生日に理想の彼女と最高の時を過ごしたジロー。
しかし、突然彼女は姿を消してしまう。
1年後、ジローは彼女と再会するのだが…。

綾瀬はるか、小出恵介主演のラブファンタジー。
20歳の誕生日に理想の彼女と最高の時を過ごしたジロー。
しかし、突然彼女は姿を消してしまう。
1年後、ジローは彼女と再会するのだが…。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2008年に製作された、『綾瀬はるか』と『小出恵介』共演のファンタジーラブストーリー。

内容的には、寂しく過ごすいつもと変わらない20歳の誕生日に明るい彼女と出会う。
しかし、その彼女は突然姿を消してしまい、1年後再び彼女に出会う。
だが、出会った時の印象とはまるで違う彼女。
その彼女は、出会った彼女そっくりの未来から来たサイボーグであった。

っという感じのストーリー。

未来と過去と現在の設定なので、多少ごちゃごちゃになって見にくくなるかなぁっと思っていたが、時間軸を綺麗に操っていた。

途中、ここで終わったら駄作だなぁっと思える場面にもまだ続きがあり、その後盛り返していたので、これも演出だったのかと感心する。

ちょっと説明出来ないが引っかかる部分も多々ある。
しかし、綺麗にまとまってるし、まぁまぁ楽しめるストーリーでした。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1867-e4aa4ca3