フォース・カインド - 羅夢の映画放浪記

フォース・カインド

THE 4TH KIND フォース・カインド [DVD]
評価 ★★★☆☆

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で贈る、究極のハイパー・ショッキング・スリラー
信じられないのは、信じたくないだけなのか?

アラスカ州ノーム。不眠者数300人以上。行方不明者数アラスカ州最多―――。
アラスカ州北部の町ノームでは、これまで多数の住民が行方不明になってきた。
2000年10月、ノーム在住の心理学者アビゲイル・タイラー博士のもとに、不眠症を訴える住民が次々に訪れる。
不審に思ったタイラー博士は、催眠療法で彼らが眠れない理由を解明しようとした。
そしてそこでカメラが捕えたのは、これまで誰も目にしたことのない映像だった……。
60年代以降FBIによる訪問が2000回を超えるというノーム。
この映画は、65時間以上に渡る記録映像及び音声の抜粋と、その再現映像とで構成されている。

なお、記録映像の一部には、かなり衝撃的な映像が含まれる。

1960年代以降、アラスカ州北部の町ノームでは住民の失踪事件が相次いでいた。
度重なるFBIによる捜査でも真相は解明されなかったが、不眠症を訴える住民をカウンセリングし一部始終をビデオ録画していた心理学者、アビゲイル・タイラー博士は恐るべき事実を知る。
ミラ・ジョヴォヴィッチ主演、記録映像とその再現映像で構成されたショッキングな作品。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2009年に製作された『ミラ・ジョヴォヴィッチ』主演のサイコスリラー。
『ミラ・ジョヴォヴィッチ』が主演しているという事で劇場まで足を運んで見た作品。

内容的には、「信じるか、信じないかはあなた次第」的なノリの都市伝説ストーリー。
その伝説は UFO!?
そして、ついにその宇宙人をとらえた決定的証拠ビデオが存在し、それを元にドラマ化したという噂を聞いて、ワクワクしながら見に行った。

しかし、蓋をあけたらなんでもない、『ブレアウィッチ』系の映画だった。

見終わった後、もしかしたらあの主人公の心理学者が薬やってるせいで作り話してんじゃないの?っていう考え方も出来るが、、、

後々考えると、この作品自体『エンターテイメント』な作品だという事に気づきました。
だって、肝心な所でビデオカメラの映像が途切れたりするんだもの。

んで、案の定調べてみると、、、(この先もろネタばれ)

この作品で言っている事件自体改ざんしていたというニュースが、、、
んじゃ、あの気持ち悪い顔の主人公の女(心理学者)も特殊メイク?

その中でも、衝撃的だったのが、ベットから浮かび上がるシーン。
あれは気持ち悪かったなぁ。

まぁ、色んな意味で気分の悪い作品だったがw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1869-66158c42