ブロークン・トレイル 遥かなる旅路 - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロークン・トレイル 遥かなる旅路

ブロークン・トレイル 遙かなる旅路(2枚組) [DVD]
評価 ★★★☆☆

ロバート・デュバル主演、ウォルター・ヒル監督で贈る壮大なウエスタン・ムービー。

ゴールドラッシュに沸く1897年。
誇り高きカウボーイのプリントは、甥トムの独立資金と牧場の更なる繁栄を得るため、トムと共に500頭もの馬を売りにオレゴン州からワイオイミング州へと旅に出る。
道中、強盗や売人、賞金稼ぎたちに次々と襲われ、命をも脅かされるが、正義と名誉、そして誇りを失わず、人生を賭けたチャンスを掴み取るため長く険しい旅を続けるのだった…

『48時間』のウォルター・ヒル監督による誇り高きカウボーイの姿を描いたウエスタンムービー。
カウボーイのプリントは、甥・トムの独立資金を得るためワイオミング州へ馬を売りに行くことに。
しかしその道中、強盗や売人が次々とピリントに襲い掛かる。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2006年に放送された、アメリカとカナダが共作したテレビ映画。

内容的には、馬を輸送する壮大な西部劇で、目的はそれぞれある5人の道中物語っと言った所。

この映画を見てると、昔の西部が物騒すぎて、命がいくつあっても足りないなぁっと思ってしまうw
人と出会うたびに、なにかされるのではないかと疑ってしまう、そんな緊張感が続く作品だった。

ただ、バイオリンキャラだけが残念な結果に、、、
実話風で終わったので、バイオリンキャラが・・・なシーンはしょうがないと思ったりもするが、もし実話じゃなかったのなら、このシーンはいらなかったんじゃないかな。

んで、ちょい調べてみたが、どうやら実話じゃなさそうですw
ちなみに、この作品は実話だという人もいて、どっちが本当なんでしょうか。

まぁ、 184分という長い作品だが最後まで飽きずに見る事は出来ます。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1870-07cea5c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。