落語娘 - 羅夢の映画放浪記

落語娘

落語娘 [DVD]
評価 ★★★★☆

女落語家と異端の師匠が挑む、一世一代の大勝負!
笑いと感動、これぞ落語エンタテインメントの真骨頂!!

幼い頃に魅せられた落語の世界に飛び込んだ、香須美(ミムラ)。
女というハンデに加え、師匠は落語界の問題児であったが、伝統芸能の強い風当たりを受ける彼女だが、女前座として日々奮闘していた。
ところが、そんなある日、師匠の平佐(津川雅彦)が突然、禁断の噺「緋扇長屋」に挑むと言うからさあ大変!
平佐の運命、そして噺の顛末やいかに?

女落語家と破天荒な師匠の奮闘を描いたミムラ主演のコメディ。
女であるという理由で憧れの師匠の下に入門できなかった香須美。
そんな中、彼女はひょんなことから三々亭平佐師匠に拾われるが、彼は型破りな行動と言動で落語界の問題児とみなされていて…。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2008年に製作された、落語ホラーコメディ。

内容的には、ホラーと落語をコラボレーションしたストーリー。

なんだろ、やっぱり落語っていいよねって心から思える作品で、噛み砕いてくれれば落語興味ない人も詳しくない人も、こんだけ楽しめるんだなぁっと。

禁断の落語、この落語を語ったら死ぬという伝説に挑んだり、男社会の落語世界で奮闘する女性落語家の姿も必見。
弟子と師匠の多くを語らなくても繋がってる太い絆関係や伝統芸の落語にも触れる事も。
オイラ的にはかなり堪能出来ました。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1871-5ea78f20