ブラザーズ・グリム - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラザーズ・グリム

ブラザーズ・グリム [DVD]
評価 ★☆☆☆☆

豪華絢爛!
ダイナミック!!
革新的エンタテインメント超大作

今、世界中で最も愛されるグリム童話。
その誕生の影に実在したグリム兄弟の恐怖と魔法のアドベンチャーがあったら・・・。
誰も知らないグリム童話の恐ろしい真実と謎が、遂にこのファンタジー大作で解き明かされる!

グリム童話の誕生に隠された驚愕のファンタジーワールド!
「赤ずきん」「白雪姫」「シンデレラ」など、今も世界中で愛され続けるグリム童話の華麗な世界をファンタジー&アドベンチャーの要素満載に、最先端VFXを駆使して描き出す革新的エンタテインメント超大作!

全世界が待ちこがれた!
鬼才テリー・ギリアム7年ぶりの最新作!
独創的な映像センスで「未来世紀ブラジル」「12モンキーズ」といった数々の傑作を世に送りつづけてきたテリー・ギリアム。独特のイマジネーションに童話のエッセンス、奇想天外な仕掛けもたっぷりもりこみ、大胆不適な映像世界を創造。
今まで誰もみたことがない驚愕のファンタジーワールドを誕生させた!!

童話の原作者として知られるグリム兄弟を主人公にしたファンタジー。
19世紀初め、フランスが占領するドイツで、悪魔ばらいと称して詐欺をはたらく兄弟が、呪われた森に住む本物の魔女と闘うことになる。
テリー・ギリアム監督の演出により、兄弟を演じるマット・デイモンとヒース・レジャーが、これまでの作品とは違った新たな魅力を放つ一作だ。
「赤ずきん」「ヘンゼルとグレーテル」など多くのグリム作品が物語のキーワードとして使われているのがポイント。

悪魔ばらいの用具、拷問道具など、劇中に使われるアイテムは、ギリアムらしいマニアックなデザインを楽しめる。
すべてセットで作られたという森が、動く木、不気味な虫によって“怖い”童話の世界を再現。
子どもを飲み込む馬、塔の上の魔女などにも恐怖と幻想的な美しさが同居している。
手触り感や古めかしさを重視した映像に、ギリアムのこだわりが充満しているのだ。
そして、デイモンとレジャーの漫才のような掛け合いが、物語に、いい意味での「軽さ」を与える。多くのファンタジー大作とは違った、独特のテイストを体感できることは間違いない。

テリー・ギリアム監督がグリム童話を映画化したファンタジー。
自作自演で怪物退治をして賞金を稼ぎながら、古い物語を収集する旅を続けるグリム兄弟。
だが、将軍にそのイカサマがバレ、彼から少女連続失踪事件の調査を命じられる。

19世紀のドイツを舞台に、呪われた森の中で起こった事件を解明しようとするグリム兄弟の物語を描いたファンタジー・アドベンチャー作品。
マット・デイモン、ヒース・レジャー、モニカ・ベルッチほか出演。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2004年~2005年くらいに製作された、童話作家『グリム兄弟』を題材にしたSFファンタジー。

内容的には、グリム童話の世界に作者であるグリム兄弟がいたら見たいな感じの作品。
全体的にファンタジーチックに仕上がっている。

しかし、物語がトビトビでよくわからなくなり、かなりおいていかれる自己満仕様になっている。

題材は良いのだが、途中で飽きましたね、、、

グリム童話に出てくるエピソードやキャラ達が登場して話を盛り上げるものの、物語は浅いは、構成がヘタクソだはで、最悪につまらない作品になっている。

とにかく、全体を通して意味が分からない。
奇抜な世界観ではあったが、結局、監督は何がしたかったのだろうか?
オイラの肌には合わなかったw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1883-6f3435f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。