Love Letter - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Love Letter

Love Letter [DVD]
評価 ★★☆☆☆

神戸に住む渡辺博子は、2年前に山で死んだ恋人の藤井樹に宛てた手紙をポストに投函したが、驚くことにその返事が届けられてきた。
その手紙の主は、樹と同姓同名で彼のクラスメートでもあった、女性の藤井樹。やがて博子と樹の文通が始まる。

俊英、岩井俊二監督の長編映画デビュー作であり、ロマンティックでミステリアスなラブストーリーの秀作である。
博子と樹の2役を中山美穂がムーディに好演し、女優としておおいにステップアップした。
回想でつづられる樹(柏原崇)と少女時代の樹(酒井美紀)のノスタルジックで淡い恋のやりとりは、劇中の白眉ともいえよう。
さまざまなアイテムを効果的に用いた演出、淡い色彩の映像、メロディアスな音楽などのスタッフワークも光る、心洗われる逸品だ。

『undo』の岩井俊二監督、『NIGHT HEAD』の豊川悦司、『波の数だけ抱きしめて』の中山美穂主演で贈るラブロマンス。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1995年に製作された、『豊川悦司』と『中山美穂』共演のラブロマンス。

内容的には、2年前に山で死んだ恋人に手紙を送ったら返事が返ってきた。
偶然にも、同姓同名の同じクラスメイトであった。
そこから2人の不思議な文通が始まる。

みたいな感じの『中山美穂』の切ないラブストーリー。

まぁ、最初のつかみの部分がいまいちよく理解出来ないままストーリーに突入したので、かなり戸惑った。
っというもの、なんの説明も無いまま『中山美穂』が2人いる、、、え?同じキャラじゃなくて二役なの?
そして淡々と物語が進んでいき、またまたおいていかれる。

しかし、最後の30分あたりから徐々にもりあがってきて面白くなってきたなぁ。
っと思ったのもつかの間、 5分も立たないうちに失速、見ててだんだんイライラしてきたw

多分、オイラ的に、この超スローペースの恋愛ストーリーが肌に合わなかったのだと思う。

女性が見たらそれなりに見れる作品ではないだろうか。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1884-d04d3a12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。