デトロイト・メタル・シティ - 羅夢の映画放浪記

デトロイト・メタル・シティ

デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]
評価 ★★★☆☆

若杉公徳の人気漫画を松山ケンイチ主演で映画化。
お洒落な渋谷系ポップソングミュージシャンを夢見て上京した心優しき青年・根岸崇一は、なぜかデスメタルバンドのギターボーカル、ヨハネ・クラウザー2世として活動することになり…。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2008年に製作された、『デトロイト・メタル・シティ』というギャグ漫画を実写化した作品。

内容的には、おしゃれなポップ歌手を目指して上京してきた主人公、しかし、ひょんな事から全くかけ離れたヘヴィメタルというジャンルの音楽で大ブレークしてしまう。

自分のやりたい音楽からかけ離れていく悩みを抱えながら好きな音楽をやり続ける、そんな主人公の姿が魅力的なストーリー。

ロックにはロックの、ヘビメタにはヘビメタのアイドルにはアイドルのそれぞれの応援の仕方や楽しみ方、思い入れがあるという事を改めて認識。

全体的に、なんか知らないけど感動できるw

オチはもうちょい工夫してもよかったかもしれない。

まぁ、なんだかんだ言って、母親は何でも息子の事をわかってくれてるんだなぁっと。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1886-1e5c55f3