ハードネス - 羅夢の映画放浪記

ハードネス

ハードネス
評価 ★★★☆☆

ミス・コンテストが行われていた高層ホテルにテロリスト集団が乱入した。
コンテスト参加者を人質に1000万ドルのダイヤモンドとヘリコプターを要求する犯人たち。
人質となった美女たちの腕には小型爆弾が巻き付けられてしまう。
パニックの中、去年の優勝者で、マーシャルアーツの使い手シャロンは、警察と連絡を取りつつ反撃に出るのだった…。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1994年に製作された、アクションストーリー。

内容的には、ミスコンしてる時にテロリストに襲われ、1000万ドル相当のダイアモンドと逃走用のヘリコプターを要求される。
しかし、人質の中に、昨年優勝者のマーシャルアーツ使いの女主人公シャロンがいた。
シャロンは静かに反撃の機会を伺っているのであった。

っていう感じのお話。

まぁ、いわゆる女版『ダイ・ハード』っと言った所か。

感想的には、んー、後半からどんどん面白さが失われていくんだよねぇ。
女のアクションがしょっぱいし、設定が強引になっていくし。。。

『ダイ・ハード』のリスペクトに失敗しちゃった感丸出しの作品ですw

ちなみに、今現在の調べでは、DVDになっていないようなので、見たい人はレンタル店にいくか、中古ビデオ屋で探してみよう。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1889-dc6ca42a