サイレントワールド - 羅夢の映画放浪記

サイレントワールド

サイレントワールド [DVD]
評価 ★★☆☆☆

巨大彗星の激突により氷河期となった地球を舞台に、人類の命運を賭けた壮絶な闘いが繰り広げられるSFパニック。
40億の人々が死に絶えた、彗星の激突から3年。
生き残った人類はモロッコに連邦政府を置き、氷河期を迎えた地球で生存の道を模索していた。

2010年、接近中の彗星が突如進路を変え、地球への軌道航路に乗った。
そして地球に巨大彗星が衝突した3年後の氷河期、人類は希望の光を取り戻すため、最期の戦いを始める…。
ディーン・ケイン主演のSFアドベンチャー。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2004年に製作された、SF災害パニック作品。

内容的には、隕石が地球に落ち、氷河期となってしまい、どう生き延びるかを描いている、よくありがちな映画。

見た目はかなり派手な作りで期待させておきながら、内容はぬるくてめちゃ薄味。
ストーリー的には、なにをしたいのかは明確であるものの、そこまでの過程がむず痒い構成になってしまっている。

見終わった後、残念な気持ちにさせてくれる映画でしたw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1893-e3a81bfa