ファンタスティック・フォー 銀河の危機 - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタスティック・フォー 銀河の危機

ファンタスティック・フォー:銀河の危機 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付・2枚組) [DVD]
評価 ★★★☆☆

大ヒットSFアクション第2弾!
パワーアップして再結集した無敵の4人!

突如、地球上空に現れた謎の銀色飛行物体!
それは、全身銀色に輝く宇宙からの使者<シルバーサーファー>であった。
各地に異常現象を起こし、彼が現れた惑星は8日間で滅亡してしまうという。
彼の本当の目的はいったい何なのか?
米国政府からのミッションを受けて、リード、スー、ジョニー、ベンの4人メンバーからなるファンタスティック・フォーは、この謎の解明、そして地球最大の危機から人類を救うために、今立ち上がった!

全身がメタリックに輝く謎の生命体が地球に飛来。
後に“シルバーサーファー”と呼ばれる彼が現われてから、日本の駿河湾は凍結。
エジプトには雪が降り、さらにロサンゼルスでは大停電が起こるなど、世界各国で異常現象が巻き起こる。
宇宙放射線を浴びて特殊能力を持つようになったリード、スー、ジョニー、ベンの4人のメンバーからなるファンタスティック・フォーは、このシルバーサーファーのことを調べる内に、彼が現われた惑星は必ず8日後に惑星ごと滅んでいるという恐るべき事実を突き止める…。

マーベルコミックの超人気者、シルバーサーファーが登場する人気アメコミ映画化第2弾。
日本ではファンタスティック・フォー自体がスーパーマンやバットマンに比べて有名ではないが、全米では大人気のアメコミなので、オープニング3日間で5740万ドルの興収を達成したとか。
映画を見ればその理由はさらに納得。基本的に老若男女誰もが楽しめる痛快作に仕上がっているからだ。
リードとスーの結婚問題を通して、『スパイダーマン』などが描き込んできた悩めるスーパーヒーロー話も入っているが、基本的に底は浅い。その演出がともすれば説教臭くなりがちな今回のストーリーをうまくライトな雰囲気に仕立て、結果見やすくしているのだ。
何も考えずに楽しむには最適な1本。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2007年に製作された、『ファンタスティック・フォー』シリーズ第2弾。

内容的には前回のその後のお話で、新たな危機に立ち向かう、悩める4人のヒーローのお話。

日本ではあまり知られていないが、アメリカでは有名なアメコミから生まれたヒーローシリーズで、そこそこ楽しめる設定の映画。

オイラ的にはストーリー云々より『ジェシカ・アルバ』が気になるw

邦題が『フォー』という数字を使っているので第二弾と分かりづらいのが難点。

なにも考えずに気楽に見れるのがこの映画の良い所でもある。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1902-8f997d0c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。