名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー) - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)

劇場版 名探偵コナン 漆黒の追跡者 スタンダード・エディション [DVD]
評価 ★★★☆☆

梅雨明けの頃、東京近県を中心に6件の殺人事件が発生した。
被害者のそばにいつも、謎のマージャン牌が残されていたことから、同一犯人もしくは組織による広域連続殺人事件に指定される。
松本警視の号令の下、早速、目暮警部ほか各県管轄の刑事たちが集合して捜査会議が開かれ、探偵・小五郎も協力することになる。
集められた謎に悩まされたまま一旦会議は終了するが、その時、コナンは、会議から出てきた一人の刑事が黒いポルシェに乗りこむところを発見する。
「あの車は…。まさか、ジンだ!」
捜査線上に浮かんだ「黒ずくめ」の影。
「工藤新一」の名前を知る男、コードネームはアイリッシュ。
組織の影が自分に近づきつつあることをコナンが知った時に7人目の犠牲者が出た。
始末したはずの高校生探偵・工藤新一が、江戸川コナンに姿を変えて生きていることをジンが知れば、コナンだけでなく灰原や阿笠博士、蘭…仲間を残らず抹殺するだろう。
しかし、まだジンは知らない。
だから、この事件をきっかけに組織を一網打尽に出来るかもしれない。
あまりにも危険であることを覚悟して、コナンは独り捜査を開始する。
黒ずくめVS江戸川コナン、避けることのできない、宿命のバトル・ミステリーが今、始まる!

人気アニメ『名探偵コナン』の劇場版第13弾。
東京、神奈川、静岡、長野で6件の連続殺人事件が発生。
警察の捜査会議に参加したコナンは、そこで刑事に変装した黒ずくめの組織のメンバーを発見する。シリーズ史上初のゲスト声優にDAIGOを起用。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2009年に製作された、『名探偵コナン』シリーズ第13作目。

内容的には、本編の一番面白い要のストーリー、『黒ずくめ』達を題材にした作品。

推理はかなり強引なものに仕上がってしまっているが、黒の組織との戦いは必見です。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1906-7085b0c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。