GOAL!2 - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOAL!2

GOAL!2 STEP2 ヨーロッパ・チャンピオンへの挑戦 スタンダード・エディション [DVD]
評価 ★★★☆☆

FIFA公認によるサッカー映画全3部作の第2弾。
ニューキャッスルで活躍中のサンティアゴに、レアル・マドリードから移籍の話が舞い込む。
意を決してスペインへと渡った彼に、“UEFAチャンピオンズ・リーグ”という新たな試練が待ち受けていた。

夢と希望を抱き世界のフィールドを駆け抜ける青年の栄光から挫折、復活までを描いた感動と興奮のサッカー・エンタテインメント第2弾!舞台は英国からスペインの“銀河系軍団”レアル・マドリードへ。
新たなステージに立った主人公に婚約者との遠距離恋愛、生き別れた母との再会など様々な試練が立ちはだかる。
果たして逆境を乗り越え、最高のゴールを決められるのか…!
ベッカム、ジダン、ロナウドなど豪華な顔ぶれも見逃せない。

2006年のワールドカップが背景という設定で作られた、サッカー映画3部作。
この第1部では、メキシコからアメリカへ不法入国した一家の青年が、スカウトされ、ニューカッスル・ユナイテッドの選手としてイギリスのプレミア・リーグに出場するまでを描く。
主演に起用されたのは新鋭のトム・ベッカー。
まだ何色にも染まっていないピュアな存在感によって、観る者も彼の視線に立つことができ、その幸運と成長を疑似体験していくことになる。
ベッカムやジダンら超有名選手の意外なシーンでの特別出演には思わずニヤリ。

スタジアムでの熱狂やニューカッスルのチーム事情、スター選手の私生活など、FIFAが全面協力しているだけあってリアル度は満点。
ただゲームシーンの迫力は予想を上回るほどではない。
しかし、本作のすばらしさはドラマ運びのうまさにあると言っていいだろう。幼いときからの移民としての負け犬意識と、そこから這い上がる根性。
そしてイギリス行きを反対する父や、自分自身との葛藤。万国共通のスポ根ドラマの要素が自然に組み込まれているのだ。すべての要素がうまく絡み合い、ドキュメンタリーのような感動が生まれることになった。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2007年に製作された『GOAL!』シリーズ第2弾。

内容的には、前回より増して天狗になってお金に踊らされる主人公。
お金の魔力と言うか、有名人の宿命というか、自分で気づかないうちに裸の王様になっていく様子はイライラするが、リアルっちゃーリアルな設定。

まぁ、ネタが無いのか?っていうくらい、前回と同様、彼女と喧嘩したり、イキがったり、、、しかしまた気持ちを入れ替えやり直す、そんな感じの展開はちょい飽きる?

弟がいる事を聞かされ、母親もみつかり、、、そんな新展開も。

友情と家族、モヤモヤ恋愛、そんなテーマの強いサクセスストーリー今回も前回です。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1923-f2e36b15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。