僕のボーガス - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕のボーガス

僕のボーガス【字幕版】 [VHS]
評価 ★★★☆☆

母親を亡くし、母親の親友だったハリエットのもとで生活する少年・アルバート。
彼の唯一の心のなぐさめは、空想の親友、フランス人の大男・ボーガスだけだった…。

『チャンス!』のW・ゴールドバーグ、『ミルドレッド』のG・ドパルデュー共演による、ハートウォーミング・コメディ。
監督は『月の輝く夜に』のN・ジュイソン。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1996年~1997年頃に製作された心暖まるハートフルムービー。

内容的には、空想と現実を融合して物語を描いた作品。

寂しい子供によくある、見えない人としゃべってしまう、そんな実際にある心理現象をユーモアーに表現しているストーリー。

最後のオチは哀愁漂う雰囲気に仕上がっている。

若干『ウーピー・ゴールドバーグ+お化け』で『ゴースト ニューヨークの幻』に見えてしまうのはオイラだけかw
まぁ、ジャンル的には、向こうは恋愛、こっちは家族愛って感じか。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1935-ba0cbe12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。