HACHI 約束の犬 - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HACHI 約束の犬

HACHI 約束の犬 [DVD]
評価 ★★★☆☆

日本で生まれた感動の実話が全世界へ
―ハリウッドが涙した、無償の愛の物語。ハチは待ち続けた。きっと帰ってくると信じて―

1987年に『ハチ公物語』として映画化され、日本中の涙を誘った感動の実話が、2009年、ハリウッドで新たな命を吹き込まれる!
一流のスタッフ、キャストが日本の心に挑む!脚本を読んで涙が止まらなかったと言うリチャード・ギアが、出演だけでなく製作にも参加。
監督は人間ドラマの名手ラッセ・ハルストレム。
妻ケイト役には、3度アカデミー賞にノミネートされた演技派女優ジョーン・アレン。
娘のアンディを演じるのは、期待の若手女優サラ・ローマー。
音楽は『ネバーランド』でアカデミー賞を受賞したヤン・A・P・カチュマレク。ドッグ・トレーナーは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズを手掛けた、ブーン・ナー。
充実した吹替版!キャストに北大路欣也、真矢みき、柴田理恵、そして主題歌には青山テルマを起用!

アメリカ、郊外のベッドリッジ駅。
寒い冬の夜、迷い犬になった秋田犬の子犬を偶然保護したパーカー・ウィルソン教授(リチャード・ギア)は、妻の反対を押し切り、その子犬を飼うことにする。
首輪についていたタグに刻まれていた漢字から「ハチ」と名づけられた子犬は、パーカーのあふれるような愛情を受けてすくすくと成長していく。
いつからか、夕方5時になると、ベッドリッジ駅で帰宅するパーカーを出迎えるのが日課となったハチ。
一人と一匹の間に育まれた深い愛情と信頼は、ずっと続いていくと思われたが・・・。

忠犬ハチ公をめぐる実話をリチャード・ギア主演でリメイクした感動ドラマ。
大学教授のパーカーは寒い冬の夜、駅で1匹の子犬を拾う。
「ハチ」と名付けられた子犬はパーカーの愛情を受けてすくすくと成長するが、ある日パーカーが病に倒れ…。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2008年に製作され、2009年8月8日公開に公開された『ハチ公物語』のリメイク作品。

内容的にはだいたい日本の物と同じ。

よくも悪くもアメリカ版というかハリウッド版というか、、、なにがなんでも感動させてやろうという、やる気満々の作品でもある。

まぁ、『リチャード・ギア』が物語を引っ張っているので見れなくはないです。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1946-e6992a3c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。