ナショナル・トレジャー2 リンカーン暗殺者の日記 - 羅夢の映画放浪記

ナショナル・トレジャー2 リンカーン暗殺者の日記

ナショナル・トレジャー2 リンカーン暗殺者の日記 [DVD]
評価 ★★★☆☆

歴史学者にして冒険家のベン・ゲイツ一族に「リンカーン大統領暗殺者の真犯人」としての汚名がきせられた。
真相を追うゲイツは、自由の女神、バッキンガム宮殿、ホワイトハウスといった歴史的な建造物に秘められた暗号を次々と解読。
やがて彼は、歴代大統領に受け継がれる秘密文書に辿り着き、アメリカ新大陸の《黄金伝説》への手掛かりが記されていることを知る。
世界を支配する事ができるほどの莫大な秘宝を、見えざる敵から守るため、ゲイツは歴代大統領にも不可能だった《黄金都市》の謎に挑む―。

ニコラス・ケイジ主演のトレジャーハントムービー第2弾。
歴史学者にして冒険家のベン・ゲイツの一族に、リンカーン大統領暗殺の真犯人としての汚名が着せられた。
祖先の無実を晴らすべく、ベンは暗殺者の日記に隠された禁断の暗号の解読に挑む。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2007年に製作された、『ナショナル・トレジャー』第2弾。

内容的には、前回同様、フリーメイソンの謎的な部分が大好きな人にはたまらない作品。

まぁ、1と同じ感じの強引な作品ではあるが、娯楽アクションアドベンチャーとしては、まぁまぁ楽しめるのではないだろうか。

『ニコラス・ケイジ』のB級主人公オーラとストーリが微妙にマッチしてきましたねw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1957-24a27257