撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的 - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的

撃鉄GEKITETZーワルシャワの標的ー [DVD]
評価 ★★★☆☆

国家機密の重要な鍵を握る謎の荷物。
その中身とは!?

ヨーロッパを暗躍する雇われ諜報員ジョナサン・コールドは、エージェントの依頼でアテネから運ばれてきた“荷物”をドイツの大富豪エイカンヘ運ぶことになった。
それは容易な任務のはずだった…。
だが、相棒のデュノワとともに受け取り場所に向かったジョナサンは何者かの襲撃を受けてしまう。
死闘の果てに脱出し、目的地へと急ぐがそこで待っていたのはエイカン本人ではなく彼の美しい妻メレディスであった。
何とかエイカン本人との接触をはかろうとするジョナサンに次々と襲いかかる刺客。
やがて国家をも揺るがす驚異の真相が明らかにーー!

ヨーロッパで暗躍するフリーの諜報員が、謎の荷物を巡って国家的陰謀に巻き込まれる様を描いた、スティーヴン・セガール主演によるスパイ・アクション。
共演は「上海ナイツ」のアンナ・ルイーズ・プロウマン、「キス・オブ・ザ・ドラゴン」のマックス・ライアン、「ザ・メキシカン」のシャーマン・オーガスタスほか。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2002年に製作され、 2003年5月24日に公開された、『スティーヴン・セガール』主演のスパイアクション。

内容的には重要な荷物を巡る攻防戦ストーリー。
話の内容が分かりづらいのが難点。

最近のセガールアクションはド派手なアクションが目立っていたが、今作はシンプルなセガールアクションでリアリティが復活してるのはうれしい。

スパイ同士のシュールな戦いはよいが、何回も生き返る敵に、一般人を平気で殺してしまうシーンが多かったりと残念な設定も多数ある。

まぁ、『スティーヴン・セガール』のリアルアクションがあるからいいかw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1977-9b0c0b93

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。