タイヨウのうた - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヨウのうた

タイヨウのうた スタンダード・エディション [DVD]
評価 ★★★☆☆

彼女はタイヨウに帰っていった。
僕の心に、歌をのこして。

孤独な運命の中、限られた時間を歌と一緒に生きた16才の少女の物語・・・
月の下でしか生きられない少女。
サーフィンの好きな陽に焼けた少年。
交わるはずのないふたりが出会い、奇跡の物語がはじまる―――。

映画初主演のYUIが歌う主題歌も大ヒット!
日本中を爽やかな涙で包んだ感動作が早くもDVDリリース!

雨音薫16才。
彼女はXP(色素性乾皮症)という難病のため太陽の光にあたることができない。
深夜に駅前広場で歌うことが唯一の生きがいの薫は、日の出前にサーフボードを抱えて現れる少年、藤代孝治(塚本高史)に窓越しの恋をしていた。
運命は2人を引き寄せるが、薫に残された時間は残りわずか。
そんな薫のために、孝治はある約束をする…。
シンガーソングライターYUIの映画初主演作。
命の灯を最後まで懸命に輝かせ続ける少女の役を熱演している。
塚本高史も純情でまっすぐな少年役を好演。
せつなさの中に生の喜びを力強く感じさせてくれる珠玉のラブストーリー。
YUIの劇中歌は薫の気持ちが痛いほどに伝わり、思わず胸が熱くなる。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は 2006年に製作された、ラブロマンス作品。

内容的には色素性乾皮症という難病を抱えた少女の甘酸っぱい青春ラブストーリー。
懸命に生きる姿が見所か。

山田孝之、沢尻エリカ主演のドラマを映画化。
元ネタは1993年の香港映画『つきせぬ想い(新不了情)』のリメイクらしい。

まぁ、『中島美嘉』主演のドラマ『傷だらけのラブソング』もそうだったが、今回も『YUI』を全面に押し出した宣伝プロモーションビデオといった感じの作品。

設定自体は、ほのぼのヒューマンラブストーリーで、いい雰囲気の映画には仕上がっています。

時間にして約2時間くらいある作品ですが、内容が濃いので、一生を見たんじゃないかというくらい長く感じ、人によっては少々疲れるかもしれんw

病気という題材を使った偽善的な作品ではあるが、そこそこ面白く、『YUI』の歌う『Good-bye days』も映画とマッチしてて良い。

余談だが、『YUI』は生放送だと緊張してよく音を外す事で有名らしいw

とにかく、『YUI』の狙ってない些細なリアクションがかわいいのです。

起承転結がきっかり決まっている教科書的なストーリーでもある。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2001-df347aaf

『タイヨウのうた』

 雨音薫(16) XP(色素性乾皮症)  演じるはYUI(19) シンガーソングライター  【個人評価:★★★ (3.0P)】 

2012-03-31 19:21 | from cinema-days 映画な日々

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。