桜の木いっぱい - 羅夢の映画放浪記

桜の木いっぱい

そういえば、お花見、今年はやってないなぁと気づく今日この頃。

なにげなく歩いていると、地元のあちらこちらに桜の木が植えてあることに気づく。

普段、なにげない木も、桜の季節になると、この木、桜の木だったんだぁっと。

一年にほんのわずかしか咲かない木をあちらこちらに埋めるなんて日本人は風流だなぁ。

しかし、桜の季節が終わるとこの木なんだっけ?っと忘れるオイラはいつまでたっても成長しませんね。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2020-0d4dee02