ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ - 羅夢の映画放浪記

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ スタンダード・エディション [DVD]
評価 ★★★☆☆

劇場で見抜けなかったウソを見抜け!
極限の騙し合い、勝つのは誰だ。待望の最終章。

欲望にまみれたプレイヤーたちが巨額のマネーを賭けて騙し合う「ライアーゲーム」・・・
その恐るべきゲームに巻き込まれてしまった女子大生・神崎 直(戸田恵梨香)が元天才詐欺師・秋山深一(松田翔太)の助けを借りて、次々と降りかかる難題に挑んでいく・・・。
オリジナリティあふれるスリリングなゲーム内容、先の読めないストーリー展開、そして、心理学や数学を用いた緻密なまでのリアリティで描かれる白熱の頭脳戦・・・。
中田ヤスタカのオリジナルサウンドにのって、見るもの全てを圧倒してきた極限の世界がいよいよファイナルステージを迎える!

ライアーゲーム決勝戦は、準決勝までを勝ち上がってきた精鋭によって争われる。
ゲームの名前は“エデンの園ゲーム”
優勝賞金は“50億円” ゲームのテーマは“信じあう心” 決勝戦はプレイヤー全員が互いを信頼すれば、容易にしかも確実に大金が手に入るという。
しかし、決勝進出者の中には、最強の刺客“プレイヤーX”が姿を潜めていた・・・。
百戦錬磨のプレイヤーたちが他人を信じることなど出来るのか?
プレイヤーXの正体は? 最後に勝利するものは? ライアーゲーム開催の真の目的とは?
はたして、ナオと秋山は全ての謎を解き明かし、勝ち残ることが出来るのか? そして、ふたりの関係は?

戸田恵梨香、松田翔太主演による人気TVシリーズの劇場版。
準決勝を勝ち上がったプレイヤー11人は、優勝賞金50億円を懸けたファイナルステージへ。
ライアーゲーム決勝戦に用意された信じ合う心が求められる“エデンの園ゲーム”に挑む直と秋山だが…。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2010年に製作された、うそつきゲームを題材にした作品。

内容的には、漫画『ライアーゲーム』を実写化し、その実写化したドラマで進んでいたお話の続き、ファイナルステージを描いた作品。
最近、こういう漫画→実写化ドラマ→映画っていう手法が多いよね、、、

感想的には、あんなにグチャグチャに人間模様を描いたのに結局あっさり味になっている所が気になる。

ファイナルって歌ってても、もしかしたらさらに続きがあるんじゃねっていう感じもモヤモヤするし。

個人的には続き、見たいような見たくないような、、、深夜だったから、あの大げさな演出もマッチしてたんだけどねぇ、映画にしてなんか浮いてるし、続きを作らないで、このまま終わるのならば作品的にはあまり傷つかないでいいんだけど。

とにかく、正直者は救われるってことが言いたいのね。
そういう世の中っていいよねって事ね。
わかりました!
みんなで、あのりんごの色を言えばいいんですね!

まぁ、戸田恵梨香かわいいから許す!

追伸

だいぶ前に見た映画の感想なので、ちょい情報が古いですね。
現在の状況はというと、やはり続きを作ったみたいですw
しかも戸田恵梨香じゃねーし!
どなってるんだ!
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2059-f3be7798