相棒 劇場版II 警視庁占拠!特命係の一番長い夜 - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒 劇場版II 警視庁占拠!特命係の一番長い夜

相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- <通常版> [DVD]
評価 ★★★☆☆

あなたの正義を問う。

前代未聞の警視庁内人質篭城事件、発生。
人質は警視総監以下、幹部12人。
犯人は、元警察官。
難攻不落の真相へ、今、相棒が動き出す!

日本警察の要所・警視庁本部内で、前代未聞の人質籠城事件が発生した!
人質は、田丸警視総監、長谷川副総監をはじめとした、各部の部長ら幹部12名。
現場となった会議室は機動隊と特殊捜査班SITによって完全に包囲されるが、犯人の動機は不明。
要求もないまま、いたずらに時間が過ぎていくのだった。
いち早く事件に気づいたのは、偶然にも犯人の男と遭遇した神戸尊とその連絡を受けた杉下右京。
右京は会議室内の様子を把握することが肝心と、鑑識の米沢守や元特命係の陣川公平の協力を得て、誰も予想しなかった奇策に出た。
彼が得た情報から、事件には元警視庁刑事と現役の警視庁職員が関わっていることが判明。
そして徐々に明らかになってきたのは、衝撃の真実だった―。

10年目を迎えた大人気刑事ドラマシリーズの劇場版第2弾。
警視庁幹部を人質に取った前代未聞の篭城事件が発生。
偶然犯人と遭遇した神戸尊から連絡を受けた杉下右京は、鑑識の米沢や元特命係の陣川らの協力を得て、ある奇策に打って出るが…。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2010年に製作された、劇場版『相棒』第2弾。

内容的には、警察内部にメスを入れた風刺的作品。

ちょい固い取っ付きにくい内容なのでTVのようなリズム感の良い構成ではないかも。
最後には衝撃的な事もおこるし、、、
しかも、あの衝撃シーンもちょい無理矢理感が見えてしまった。

成功しているドラマだけあって、映画第2弾だし、失敗は出来ないという意気込みをビンビン感じる事が出来るのだが、ストーリー的には力が入りすぎてていつものよさが薄れてしまったように思える。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2084-1dc02a79

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。