ICHIGEKI 一撃 - 羅夢の映画放浪記

ICHIGEKI 一撃

ICHIGEKI / 一撃 [DVD]
評価 ★★★☆☆

政府機関のエージェントとして活躍していたが、過酷な任務の中で疲弊し、一人山中で暮らすようになった主人公が、ボランティア機関を通じて文通をしていた少女を人身売買組織から守るために再び犯罪組織に立ち向かう様を描いたアクションストーリー。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2004年に製作された、『スティーヴン・セガール』主演の作品。

内容的には暗号を解読したり、人身売買があったり、暗殺に、政府絡みの犯罪という素敵な要素満載のセガールアクション作に仕上がっている。

しかし、今回は構成がヘタクソで、話のテンポが飛びすぎてて、すんなり物語に入っていけない。
物語の深みもあんまりないのが残念な所。

複雑な設定に埋もれてしまった感がありますね。

まぁ、剣のアクションも見れたしで、セガールアクションはいつも通り良かったです。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2087-cdeaf681