沈黙の鎮魂歌 - 羅夢の映画放浪記

沈黙の鎮魂歌

スティーヴン・セガール 沈黙の鎮魂歌 [DVD]
評価 ★★★★☆

スティーヴン・セガール“沈黙シリーズ”最新作!
愛するものを失った悲しみが、漢(オトコ)の眠っていた本能を目覚めさせた―。
2010年2月、セガールはついに地上最強の復讐鬼と化す!!

元ロシアン・マフィアのボスで、今は犯罪小説家のルスラン。
ある日、元妻キャサリンから一人娘レイニーの結婚を知らされ、彼らが住む街へと向かう。
レイニーの結婚相手ステファンは、かつての因縁の敵ミカエルの息子。
レイニーのために組織を抜けたステファンを、父ミカエルがよく思っていないのは明らかだった。
ルスランのいやな予感は的中し、結婚式直前にキャサリンは殺され、レイニーも瀕死の重傷を負ってしまう。
愛するものを傷つけられたルスランの怒りが爆発!
眠っていた彼の闘魂が目覚め、復讐の幕が切って落とされた!

スティーヴン・セガール主演による人気アクション「沈黙」シリーズの最新作。
元マフィアのルスランは、離れて暮らしている娘の結婚式の知らせを受けて駆けつけるが、結婚式直前に元妻が殺され、愛娘は誘拐されてしまう。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2009年に製作された、『スティーヴン・セガール』主演のアクション作品。

内容的には、奥さんが殺され、娘もさらわれ復讐に燃えるという、王道のセガールストーリー。

復讐はただ復讐を生むだけとセガール自身は違う映画とかでよく言ってるが、やっぱりセガールの映画は、やったら倍にしてやりかえす、そんな設定が一番面白い。

久しぶりに純粋な『ザ・セガール映画』と言った感じで見やすい構成なのでオススメします。
ここ最近出たセガール映画の中でも、アタリの部類に入るんじゃないかな。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2099-9c7c53b8