沈黙の奪還 - 羅夢の映画放浪記

沈黙の奪還

沈黙の奪還 [DVD]
評価 ★★★☆☆

『沈黙』シリーズ 15周年記念作品!
このオヤジ、負け知らず。

元CIA特別捜査官ジャック・フォスター(スティーヴン・セガール)は、娘アマンダと共に亡き妻の祖国ルーマニアを訪れる。
しかし、アマンダはジャックの目の前で何者かに誘拐されてしまう。
ジャックはアメリカ政府の極秘研究機関が開発した世界最強の生物兵器争奪を巡る巨大な陰謀に巻き込まれていたのだ。
アメリカCIA、ロシアFBS、ルーマニア警察、それぞれの思惑が交錯し孤立無援の中、ジャックは最愛の娘を奪還する事が出来るのか?

「沈黙」シリーズのスティーヴン・セガール主演によるサスペンスアクション。
元CIA捜査官、ジャック・フォスターは、娘のアマンダと共に亡き妻の祖国・ルーマニアを訪れる。
しかし、ジャックの目の前でアマンダが何者かに誘拐されてしまい…。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2006年に製作された、『スティーヴン・セガール』主演のアクション作品。

内容的には、元CIAにのジャック・フォスター(スティーヴン・セガール)の娘が何者かにさらわれ奪還する復讐劇。

正直、CIAとかFSBとかマフィアとか警察とか、敵が複数いてよくわからんw
ちなみに上記の紹介文にある『ロシアFBS』って間違ってね?
ロシア連邦連邦保安庁って『FSB』じゃないのかな?

話はそれたが、そもそもCIAに馴染みの無い日本人にとって、あの組織の行動はよくわからん。
国の為にやってるのか、自分の為なのか、裏切りの為なのか、、、

こういう複雑な構成の時はだいたい分かりづらくしてしまうよね、セガール映画って、複雑な構成でもいいから、もっと分かりやすく作ってほしい。

それと、『奪還 アルカトラズ』というセガール映画があります。
あれ?見た事あるようなタイトルだなぁ?ってなったら要注意です。
混乱しそうなので、覚え書きしときます。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2104-0e9c7cad