サウンド・オブ・サンダー - 羅夢の映画放浪記

サウンド・オブ・サンダー

サウンド・オブ・サンダー デラックス版 [DVD]
評価 ★★★☆☆

『サウンド・オブ・サンダー』は理解あるSF映画ファンの胸中で、特別な位置を占めている。
野心的なB級テクノ・アドベンチャーだ。
このジャンルに精通していれば、監督がピーター・ハイアムズだと知っても驚きはしないだろう。
かつては期待されたSFのスペシャリストであり(いやいや、『2010年』は悪くなかった)、数年おきに『レリック』のような愛すべきB級映画を届けてくれた監督だ。
本作は数年間ほど公開延期されてから、2005年の晩夏、ふいに劇場へ投げ売りされた。
書きっぷりはあまり褒められないが、センスのいい世界の終わりを描いた脚本は、SF界の巨匠レイ・ブラッドベリ短篇を下敷きにしたもの。
時の流れを前後するタイムトラベルでの偶然の出来事が、未来に予期せぬ影響を投げかけて、破壊的な結果をもたらすと警告する内容だ。
この場合、些細な出来事が地球の進化そのものに影響を及ぼすことになる。
2055年、トラヴィス(エド・バーンズ)は、強欲な企業家(ベン・キングスレー)が主催する“タイム・サファリ”のツアー客を率いていた。
不運な客が、地球の進化を混乱させて未来を破壊的な状態に陥らせることになり、シカゴの街が、飢えたヒヒのような恐竜、翼竜ほどの大きさの吸血コウモリ、下水管に棲息する人食い大蛇といった街を破壊する異種な生命体の餌場と化し、タイムマシン発明家のソニア(キャサリン・マコーマック)が巻きこまれることになる。
特殊効果は安っぽく見えるし、タイムトラベルの脚本はややガタがきているが、『サウンド・オブ・サンダー』は宣伝過剰な超大作とはちがったタイプの作品で、驚くほど楽しめる。
それに……2003年の『タイムライン』よりずっといい。
だから、少し大目に見てやっていいのではないだろうか?

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2004年に製作された、SFファンタジー。

内容的には、タイムトラベラーで旅行出来るようになった時代。
この旅行のルール、過去から持ち出さない、未来からの所持品を放置しない。
このルールを破ったとき、未来はとんでもない事になる。

っという感じのストーリー。

当然、金持ち相手の商売だから、そんなルールはあってないようなもの、それを厳しく監視するのも案内人の役目だ。
しかし、ある旅行者がパニックを起こし、パニックを起こした本人も知らぬ間に過去から何かを持ち出してしまった。
そんな夜に進化の波というのが立て続けにおこり、とんでもない未来になっていく。

まぁ、要するに映画『アナコンダ』の要素あり、『ジェラシックパーク』の要素ありの、タイムトラベルSFパニックアドベンチャーと言った所か。

SF風の街並や、車とか、そんな要素だけでも、どこかB級感のニオイがプンプン漂ってくる。

面白いか面白くないかで言えば微妙な映画だが、娯楽感は異常にあり、監督が楽しんで作ったんだなぁっていうのだけは強く伝わってきますw

教訓としては、バタフライ効果(バタフライ・エフェクト)みたいに、小さな事がこんなにも大きくなるんだなぁっと。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2109-a542284a