名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター) - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)

劇場版 名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター) スタンダード・エディション(通常盤)【DVD】
評価 ★★★☆☆

ラスト15分、予測不能!
コミック総累計1億2,000万部突破の国民的アニメ「名探偵コナン」劇場版15周年記念作品

巨大ダムの街…
忘れ去られた悲しき過去。
今、大惨事が新一たちを襲う!
奇跡を起こせ。チャンスは一度!

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2011年に製作された、劇場版『名探偵コナン』シリーズ第15作目。

内容的には、ダム建設を巡るトラブルと巨悪な陰謀に立ち向かうストーリー。
崖から転落した記憶を無くした少年が鍵を握る展開。

爆破シーンがかなり手の込んでいる仕上がりになっていて迫力満点。
しかし、ダムやらトンネルやらでちょいやり過ぎ感がw
漫画だから、まぁ良しとしよう。

おっちゃんの声に違和感を感じたけど、ストーリーはいつも通り安定です。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2117-33dc36a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。