きな子 見習い警察犬の物語 - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きな子 見習い警察犬の物語

きな子~見習い警察犬の物語~ [DVD]
評価 ★★★☆☆

ドジな見習い警察犬・きな子を取り巻く人々の交流を描いた、実話に基づく感動ドラマ。
訓練士を目指して警察犬訓練所に入った杏子は、身体の弱いラブラドール・リトリーバーの子犬・きな子を立派な警察犬に育てるべく、二人三脚で訓練に励むが…。

警察犬訓練士を目指す杏子は、入所したての訓練所でまだ子犬のきな子と出会う。
「体が弱く警察犬にはなれない」という所長に、杏子は「私がきな子を警察犬にします!」と宣言。
そして見習いコンビの奮闘が始まるのだが…。
香川県丸亀市にいる日本一有名な見習い警察犬・きな子の実話から生まれた感動の物語。
夏帆、寺脇康文ほか出演。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2010年に製作された、警察犬試験に何度も挑戦するラブラドール・レトリバーの『きな子』と訓練士を目指す少女の実話物語を実写化した作品。

ちょいとドジな『きな子』は瀬戸内海放送のテレビ番組で紹介されて以来、地元から「ズッコケ見習い警察犬」の愛称で人気を集めているらしい。

んで、内容的には、ドジでダメダメな『きな子』とダメダメ新人訓練士の成長ドタバタ物語。

全編、イヤらしい演出は少なく感動出来る物語に仕上がっているが、山で遭難する設定はちょっとね、、、

まぁ、それなりに面白いですよ。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2128-bdfd8e42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。