K-20 怪人二十面相・伝 - 羅夢の映画放浪記

K-20 怪人二十面相・伝

K-20 怪人二十面相・伝 通常版 [DVD]
評価 ★★★☆☆

怪人二十面相は誰だ!?
日本映画界の常識を超えた、アクション・エンタテインメント超大作

舞台は、1949年――架空都市≪帝都≫。
19世紀から続く華族制度により貧富が二極化する帝都。
そんな中、富裕層のみをターゲットとし、次々と美術品や骨董品を、魔法のような手口で盗んでしまうK-20と呼ばれる≪怪人二十面相≫の出現が世間を騒がせていた。
主人公は怪人二十面相に騙され、二十面相に仕立て上げられたサーカスの曲芸師・平吉。彼が、類前なる身体能力と頭脳を武器に、二十面相に狙われた令嬢・羽柴葉子と、その婚約者であり探偵の明智小五郎と共に、二十面相との戦いを決意する。平吉が選んだ究極の選択とは!?

江戸川乱歩が生み出した「怪人二十面相」の物語を、新たな解釈で映画化した冒険活劇。
戦争を回避した日本の都市・帝都。
特権階級が富を独占する中、彼らから窃盗を繰り返す怪人二十面相が世間を騒がせるが…。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2008年に製作された、『怪人二十面相』を新リメイクした作品。

内容的には、レトロテイストを残しつつ、SFチックに描かれた、新たな怪人二十面相という感じのストーリーで、じょじょに面白くなっていき、世界観に入り込んでいける、そんな作風に仕上がっている。

ただ、なにかが物足りない。
なんだろう。

映画というかドラマというか、なんかこう突き抜けていいものがないというか、そんな感じがしました。
つまらないわけではないのですがw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2129-598904e9