犬飼さんちの犬 映画版 - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬飼さんちの犬 映画版

映画版 犬飼さんちの犬 [DVD]
評価 ★★★☆☆

単身赴任から戻った犬嫌いの家長と家族が飼い始めた犬の闘いを描くハートウォーミングドラマの劇場版。
犬飼保が1年ぶりに家に帰ると、主の座に鎮座していた白い子犬。
それは、子供たちが「父親に似ているから」との理由で迎えた新しい家族だった…。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2011年に製作されたほのぼのハートフルヒューマンドラマ。

内容的には、犬嫌いな犬飼さん家の夫が単身赴任から帰ってきたら犬を勝手に飼われて大騒動になるストーリー。
偏屈な夫が犬を通じて変わっていく、そんな家族愛を描いている作品。

TVシリーズが見ていないけど、コメディ的なシーンもあったり、ほのぼのしたりでなかなか面白かった。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2176-362eae92

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。