探偵はBARにいる - 羅夢の映画放浪記

探偵はBARにいる

探偵はBARにいる 通常版 [DVD]
評価 ★★★★☆

東直己のススキノ探偵シリーズを大泉洋主演で映画化。
ススキノのBARを根城にする探偵の下に、ある夜「コンドウキョウコ」と名乗る女から奇妙な依頼が舞い込む。
依頼を引き受けた探偵は直後に命を狙われ…。
共演は松田龍平、小雪ほか。

東直己原作による“ススキノ探偵シリーズ”第2作「バーにかかってきた電話」を映画化。
札幌・ススキノを舞台に、この街の裏も表も知り尽くした探偵の活躍を描くハードボイルド・エンターテインメント!

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2011年に製作された東直己の小説「ススキノ探偵」シリーズ2作目「バーにかかってきた電話」を題材にした作品。
といっても、映画は第1作です。

内容的には、ススキノのバーに入り浸る私立探偵が、ある依頼により大きな事件に巻き込まれていく、そんなハードボイルドストーリー。

昔ながらの、こう胸を熱くさせてくれるバイオレンスでグロイ内容が魅力的。
この作品の大泉洋は適役だと思うくらいぴったり。

久しぶりに面白い作品を見た。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2179-9ea49afc