パラノーマル・アクティビティ - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラノーマル・アクティビティ

パラノーマル・アクティビティ [DVD]
評価 ★★☆☆☆

これ以上の映画を作ることはできない。
全米No.1大ヒット、スピルバーグが「これ以上の映画を作ることはできない」とリメイク化を諦めた超話題作

約135万円で制作され、限定12館、しかもレイトショー公開でスタートした作品が公開5週目にして全米1位を獲得し、翌週には遂に興収1億円ドル(約96億超)を突破した超常ムービーがいよいよ日本に上陸する。

平凡な一軒家で幸せに暮らす若いカップル。
しかし毎晩寝付いた後に家の様子がいつもと変わっていることに気づく。
少女の頃から不可思議なことが起こり続けているケイティは、その原因が自分にあるのではないかと感じていた。

彼女の恋人であるミカは自分達の家に起こっている“何か”を突き止めるため、生活の一部始終をビデオカメラで撮影することにする。
テープが回り始め、ミカの執着が大きくなっていく一方で、ケイティは不安を募らせていった。
なぜならその“何か”は、ビデオカメラで撮影されるのを嫌がっているような気がしたのだ。

ミカはケイティの忠告には耳を傾けず、自らの家と、自らが愛する女性を守るため、カメラを回し続けることを決断する。

真夜中、2人が眠りについた後、何か起きているのか―。
ビデオには衝撃の映像が映っていた・・・。

制作費約135万円という低予算ながらも、公開5週目に全米1位を獲得し、興収約90億円を突破した超常ホラー。
一軒家で幸せに暮らす若いカップル。
しかし、毎晩就寝後に家の様子が変わっていることに気付き、その原因を突き止めるべくビデオカメラを回す。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2007年に製作されたドキュメンタリータッチのホラームービ。

内容的には、家で起きる異常現象をビデオカメラで撮影していくと奇妙なものが写り込み、、、

っという感じのストーリー。

なんていうか、全体的に子供騙しの脅し(怖がらせ)方が多いドキュメンタリーホラー。

あんだけ証拠シーン(超常現象)がカメラに記憶されているのに、なんの対策もしないという疑問。
アメリカ人が好きそうな作品ですね。

ただ、最後のサイコなオチは後味悪いけど、ホラーとしてはまぁまぁよかったのかな。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2192-9c30d4c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。