レッツセンジョイ!! 2014年 6月27日放送分 - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッツセンジョイ!! 2014年 6月27日放送分



レッツセンジョイ!! 2014年 6月27日放送分

本日のゲストさんは、シンガーソングライターの「林祐詩」さんと、JOYミュージックスクールの生徒さん「佐藤英恵」さんです。

【内容】

大当たりぃ~から始まった、レッツセンジョイ!!

今日はめずらしく2人のゲストさん。

その一人、「林祐詩」さんは、JOYミュージックスクールのボーカルコースとギターコースの先生も務められている方で、新しい講師4人入ったというのは以前お伝えしましたが、その中の初ゲストということでドキドキわくわくです。

今回のテーマは「コラボレーション」。
後で、「林祐詩」さんと「佐藤英恵」さんのコラボもあるのでお楽しみに。

早速ゲストさんの登場です。
まずは「林祐詩」さん、岐阜県出身のシンガーソングライター、1986年生まれ、元高校球児という事です。

切なく暖かくどこか懐かしさを感じさせる楽曲、情景が浮かび上がる歌詞、やさしく透明感のある声が魅力。

2007年からシンガーソングライターを始めて、きっかけとしては、最初、歌を歌いたいなと思ってたんですが、特に弾き語りとかするつもりはなく、でも一人でライブするにはなんか演奏しないとという感じになり、ギターは少しかじってたのでギター弾きながら歌ってました。

しかし、人の歌ばっかり歌ってる違和感を感じ、見よう見まねでオリジナル曲を1曲2曲と作っていき、だんだんと音楽の魅力にとりつかれ、のめり込み、現在にいたります。

大学は横浜だったので、横浜のライブバーで働きながらちょこちょこ活動、2009年には有名な音楽塾に入校、シンガーソングライターコースに所属し、大手メジャーレーベルのオーディションの最終選考に残ることに、その後インディーズデビュー、2013年バルコニーTVに出演、収録時の様子が東京新聞に掲載される、2014年、セカンドミニアルバム「Circle サークル」を発売、あちこちでライブしています。

ライブの拠点は東京なんですが、地元の岐阜、名古屋、大阪でもやってますよ。

青森でも歌ってくださいとチーフ、東北には言ったことないので今年はぜひ!との事。

おはぎちゃんは江戸っ子なので、なまりがないのでいいなぁと、ちなみに岐阜のなまりはどちらかと言うと関西よりだそうで、言葉の語尾や方言は自覚ないけど指摘されます。

NGO団体と合同でチャリティーイベントもやっていて、音楽を通じて貢献できることを探しているんだとか。

大学の時、フィリピンのセブ島のそこから1時間かけた奥地に、ボランティアで2週間くらい行って帰ってきたとき、何かしてあげたいなという思いにかられ、チャリティーライブを始めたんだとか。

そんな「林祐詩」さんの生演奏をお聞きください!
セカンドミニアルバム「Circle サークル」から「夏色花火」。
※詳しくはご視聴ください

準備している間にプチ情報、野球とカフェと牛丼をこよなく愛し、人見知りだけど人が好きな弾き語り野郎、野球の話をするといつもの5倍饒舌になる、夢は高校野球のテーマソングと世界を回ってたくさんの笑顔に出会う事だそうです。

今回のアルバムのコンセプトについて。

5曲入りのミニアルバムなんですが、季節の曲を1曲ずつ入れようという事で春夏秋冬ですね、あと1曲は何にしようかなと思い、人とつながるという自分のコンセプトもいれた曲をいれた構成のアルバムになっています。

ちなみに、セカンドミニアルバム「Circle サークル」はライブ会場はもちろんのこと、タワーレコード、HMV、iTunesと、あらゆるところで取り扱っていますので、興味があったら買ってみてはいかがでしょう。

JOYミュージックスクールでも販売してるよ!とのこと。

ここでリスナーさんからのメール、かさかさごえさん「すごい素敵な歌声好きだ、好きだなぁ、CDほしい、買いたい、もっと聞きたいです、そして今夜のテーマコラボですが、林さんとチーフのコラボ聞きたいです!」というメッセージいただきました。
今夜は盛りだくさんなのでいつかね!っとチーフ。

「普段どんな感じで作曲していますか?」というチーフの問いに「作曲はギターを使って適当に弾きながら、アナログな人間なのでボイスレコーダーをおいて、良いメロディーが浮かんだらすぐにとる感じで、主なレコーディング場所はカラオケ屋です」と意外とみんなと同じような環境でやってるんですね。

家にボーカルブースあってガンガンやってると思っていましたが、意外と多いみたいですよ。

ちなみに、「林祐詩」さん「お風呂で思い浮かんでしまった時はひたすらそのフレーズを繰り返して忘れないようにしますw」、チーフは忘れる前にダッシュで出るらしいでアグレッシブw

お待ちかねの2人目のゲスト「佐藤英恵」さん登場です!

「佐藤英恵」さんはJOYミュージックスクールのボーカルコースに通っている方で、北千住と肉と美女と野獣をこよなく愛する、しがない一般人だそうです。
結婚して去年から正式な北千住区民もとい足立区民になったそうです。
出身は神戸の兵庫県、でも足立大好き!

昔、スティールパン演奏を習っていたとかで、この後コラボしちゃいますよ。

スティールパンとは黒人奴隷時代に楽器が禁止されてた時代。
ドラム缶の解体とかしているときにたたいてたら音階があることに気づき、それを改良していったのが発祥だそうです。

分からない人はディズニーシーのリトルマーメードエリアとかでよく流れてたりするやつです。

さっそくどんな音がするかやってください!で練習がてら演奏です。
外側をたたくと太い音がでて、中にいくにつれ高い音がでて、音階は2オクターブでるそうです。
※詳しくはご視聴ください

ここで、そう、そうですよね、待ってました、おはぎチャレーンジ!
おはぎちゃんが速攻でレクチャーを受けてもらって、スティールパンでキラキラ星を演奏です。
※詳しくはご視聴ください

じゃあ茶番はこれくらいでw、「林祐詩」さんと「佐藤英恵」さんのコラボ演奏です、、、という予定でしたが、チーフがうずうず、私も参加しますで、おはぎちゃん「あれ?コラボ、コラボですよね??」でチーフ参戦!

準備している間に「林祐詩」さんがフィリピンに行ったときの話。
「子供達と会えました?」とチーフ、「そうですね、子供に会いに行くのがメインで、ギターを片手に一緒に歌ってきました」、チーフもこの間、ミンダナオ島に行ってきて200人の中、ギター弾く子がいて、でも絃がすぐ切れちゃって、応急処置してもびよんびよんのまんま、それでも楽しそうに演奏してました、そんな姿をみてかわいいなと思ったので、今日歌う曲は「スティーヴィー・ワンダー」の子供が生まれた時に作った曲「Isn't She Lovely」を演奏します。
※詳しくはご視聴ください

チーフと「林祐詩」さん、スティールパンで歌ったの初めてで、どんな音なのかドキドキとわくわくして感動しました。

今後の活動について。

「佐藤英恵」さん、2014年の7月12日に、JOYミュージックスクールでやる発表会に出ます、課題曲は「Kiroro」の「Best Friend」と、もう一曲、美女と野獣の英語版を男性の方と組んでやります。
美女と野獣歴?は20年間らしく、中学の時、多目的室で自習の時に最初に見たのがきっかけで、ストーリーと音楽とキャラクターが大好き、お給料ぜんぶつぎ込んでもいいくらいだそうです。
だけど、歌ったことなかったので、せっかくの機会なので歌って見ようと思います。

続いて、「林祐詩」さんの告知、先ほど言った、セカンドミニアルバム「Circle サークル」と7月は3本ほどライブやります。
2014年7月3日に横浜のクラブハウス「BAYSIS」で、2014年7月19日には幡ヶ谷のAcoustic Live Bar 「36°5」で、2014年7月27日は渋谷の「SONGLINES(ソングラインズ)」でライブやります。

興味ある人は「林祐詩」で検索してみてください。

もう少し時間があるのでお二人に質問です。
よく出没する場所はどこですか?とチーフ。

佐藤英恵さん「船橋とIKEAとディスニーストアと北千住です」、林祐詩さん「池袋と渋谷、北千住らへんですね、あとカラオケ屋にいって演奏してますw」、チーフ「どこのカラオケ屋ですか?」、林祐詩さん「それは秘密です!」、チーフ「おはぎちゃんはカラオケ屋で練習しないの?」、おはぎちゃん「最近はしてないです」、チーフ「じゃぁ、どこで練習してるの?」、チーフ「主に家でやってて隣の人が帰ってきたらカラオケ屋いきます、あと時々公園でやります」

楽器やってる人は川沿いや高架下でやってますよね。

林祐詩さん「高架下ではよくやります!」、チーフ「え?どこの高架下ですか?」で今日はぐいぐいモード、四谷の公園とかでも練習したりしていますが、たまにギターケースとかに蟻がはいってきますよ!だそうです。

その他、初めてなのだ??、今日はどうしますか!えっ??、岐阜の人は変わってる??、はだかでパニック??、足立区民バッチがほしい!!、アリエル、アリエル??、こちら青コーナー、スティールパン??、戦闘服で徘徊??、蚊取り線香を差し入れ??、で今日も見所満載です。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2282-fd0a58a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。