RED レッド - 羅夢の映画放浪記

RED レッド

RED/レッド [DVD]
評価 ★★★☆☆

静かな独身年金生活を送る55歳のフランク(ブルース・ウィリス)は超極秘任務専門の元CIAエージェント。
しかし、ある晩自宅で謎の暗殺部隊に命を狙われ、全米に散った昔の仲間たちを招集する。
老人ホームに暮らす元上司のジョー(モーガン・フリーマン)、80歳。
イギリス人元女スパイのヴィクトリア(ヘレン・ミレン)、63歳。
かつてのライバルで武器スペシャリストのマーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)、57歳。
実は、彼らは全員CIAから<RED>(超危険な年金生活者)と呼ばれていた。かつて自分達が仕えたCIAが抹消しようとする過去のミッションとは一体何なのか?
現役復帰した元超一流スパイ集団の<RED>たちが、決死の戦いに挑む!

ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマンをはじめ、豪華キャストが共演したアクション。
静かな引退生活を送っていた元CIAエージェントのフランクは、ある夜謎の襲撃を受ける。
身の危険を感じた彼は、かつての仲間たちとチーム「RED」を結成する。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2010年に製作された、『ブルース・ウィリス』と『モーガン・フリーマン』主演のスパイアクション。

内容的には、元CIAの特殊班がなぜか暗殺されそうになるので、逃げながら巨大な陰謀に立ち向かうアクション映画。

犯人が誰なんだろう?っというのを楽しむ作品ではなく、特攻野郎Aチームのような痛快コメディーと言った所が見所。

そんなに期待して見る映画ではないのでお気楽に見る事をオススメしますw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2318-7fb1f59c