アンストッパブル - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンストッパブル

アンストッパブル [DVD]
評価 ★★★☆☆

たった2人の勇気が10万人に奇跡を起こす感動のヒューマンドラマ!
必ず止めてみせる!

映画の言葉 “やるしかない"

操車場に停車中の貨物列車が整備員のミスによって無人のまま走り出した。
全長約800メートルに及ぶこの777号は大量の化学薬品を積んでおり、時速100キロ以上で走る“巨大ミサイル"と化して人口密集地の街へ向かって突っ走っていく!
現場近くに居合わせたベテラン機関士フランクと新米車掌ウィルは、男のプライドをかけ決死の覚悟で暴走列車阻止に立ち向かうが……。

暴走列車が引き起こす危機をデンゼル・ワシントン主演で描いたアクション。
化学薬品を積んだ貨物列車が、整備員のミスにより猛スピードで暴走してしまう。
同路線に居合わせたふたりの機関士が、惨事を食い止めようと奔走する。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2010年に製作された、『トニー・スコット』と『デンゼル・ワシントン』の通算5回目のコラボレーションパニックアクション映画。

内容的には、2001年にアメリカで実際に起きた列車暴走事件を題材にしている作品。
CGとかの処理も少な目にし、リアルにこだわったアクションが見所なんだけど、この手の作品は何度か見ていて、他の作品に比べれば派手さはあまりないのだが、緊張感はすごく伝わる構成の映画に仕上っている。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2322-fcc7d4de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。