レッツセンジョイ!! 2015年 4月3日放送分 - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッツセンジョイ!! 2015年 4月3日放送分



レッツセンジョイ!! 2015年 4月3日放送分

本日のゲストさんは、シンガーソングライターのbookmarkさんです。

【内容】

つくつくてんつくんてんっで始まった、レッツセンジョイ!!

本日の番組予定は「かよこの美声だしちゃいます、まーめー」と、「仏のお悩み浄化します、なーむー」、そして、ゲストさんをお迎えしてお送りいたします。

おっ、今日も仏さまの登場です。
仏いわく、「おまえらにまかせらんねーよ!おまえたちにはな!」って事で、どうやらレギュラー?に戻ってきたのか?
とにかく、レッツセンジョイ!!はいつでもウエルカムですよ!今日も荒らしてくださいw

チーフ「さっそく何話そうとしたんだっけ??あっそうそう、ここクロスウェブセンジュからCWAVEに名前を改名したんですが、CWAVE公式ホームページで番組表を見やすく改変し、今日の番組情報も詳しくのっているので、ぜひ今度はそちらでご覧下さい!」

千住から世界に配信する動画「CWAVE」←詳しくはこちらから、他の番組も見てね!

そして、レッツセンジョイ!!の公式サイト、フェイスブックとtwitteを、まーうーぴーとなまーのさんが、立ち上げました。
興味ある方はお友達になってあげてください!

フェイスブック「レッツセンジョイ!!」

twitter「レッツセンジョイ!!」

仏「文明のリキを使いまくっとるな!」、チーフ「1年半くらい番組やってきましたが、今更ですよねw」、仏「チーフ、嫌いですよね、こういうの」、チーフ「嫌いというか、苦手です><」、仏「どうしてそんなに苦手なんですか?」、チーフ「なんか緊張しちゃうんですよ、例えばツイッターでも気楽に発言してる人いますが、私の発言でみんなどう思ってるんだろう?って考えちゃって、これで傷つく人いるんじゃないかと思って、、、そういうこと考えて文章考えると、何時間も使ってしまうので、病気になっちゃいそうにw」、仏「言葉の重みに対しての思いが強いんですね、、、あんなものはボヤキですよ、私なんか、おはよう\(^o^)/って世間につぶやいてますよ」っと二人共対照的なようです。

では早速コーナーに参りましょう、「かよこの美声だしちゃいます、まーめー」です。
生贄のまーうーぴー登場です!

まーうーぴー「なんの話をしてるんですか?なんか番組の公式サイト宣伝する話からどんどん脱線してっていますねw」、チーフ「あれ?脱線してました??脱線してることにも気づかなかったです」、仏「うそ?これはこれでいいと思ってたんだけどな、だめか、、、」、チーフ「いや、これも大事、大事!」、まーうーぴー「そうですね、大事です!」、仏「結局、イエスマンか!」、まーうーぴー「いえす!」

さてさて、今日のお題は三分ボイストレーニングから抜粋して、「歌ってる時に声に厚みがなく、息がもれてるような感じがするのですが、どうしたらいいでしょうか」っというお悩みです。

声の厚みとは、一例として、響きの箇所によって生まれるもの。
生まれ持ってだったり、両親の声を聞いている環境、合唱部所属、裏声がメイン、話し方が裏声気質だったり、っと色々理由がありますが、声が上から降りてこない人、そう言う人は地声を出す練習をすると声の厚みをだせる入口となるので、まず練習してみましょう。

裏声気質の方って、わりと声帯の開け方がわからない人が多くて、開いてるのが裏声、閉じてるのが地声です。
※詳しく説明してるので動画をご覧下さい。

声帯を閉じる筋肉が弱い人は、地声が出しづらいので、ここの筋肉を強化します。

以前やりましたが、呪怨発声練習、「あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”」っと、喉の前が振動している感じで、コロコロ鳴らします。
これで、完全に閉じてないけど、かるく閉じるという感覚養ってください。
そのうえで、どこに響きをもっていくかの感覚がつかめるといいです。

この感覚がつかめたら次に、下からボールを投げるようにして「おーい」と発声しながら胸を響かせて、どこで響かせるかという感覚を養いながら練習しましょう。

ではここで、厚みって何?って、ことなんですが、胸元と口、口から頭上、ベルカント唱法では360度全身で響かせる、これがいわいうる声の厚みといわれるものだと考えてください。

こういう感覚を視覚的に意識できれば厚みの正体がわかってきます。

声優も厚みの場所によって、おねぇさんになったり、子供になったりします。

まーうーぴー「厚みって聞くとイコール低音ってイメージがあって、高音の厚みっていう感覚がいまいちよくわからないんですよね」、チーフ「どんな声質にしたいかによるんですが、上から声を出すのが絶対条件で、かつ胸も軽く鳴ってるし、口元もなってるっていう感じが、力強い音になっていますよ」、こういう感覚を意識すると、声の厚みが変わっていくんですね。

ポイントとしては、普段からどこで響いてるか考え意識すること!だそうです。

次回は、声の厚みをもっと養う訓練方法をピアノと共にやっていきたいと思います。
まーうーぴー、さようなら。

では、お待ちかねのゲスト、「bookmark」さんです!

「bookmark」さんのプロフィール紹介、6歳から13歳までお姉さまの影響でピアノをやり始め、小学校の国語の授業で詩を作ることが好きになり、このころから担任の先生に歌の詩をプレゼント。
2006年に作詞をはじめ、2008年4月に友人に後押しされてオーディションを受け見事、準合格になり、ボイストレーニングも始められました。
2010年6月、当時の歌の先生に進められ自己流ではありますが、作曲をはじめる。
同年都内にて、ライブを行っています。
2010年10月デビュー、しかしながらプレッシャーに耐えられず、気持ちも追いつかず、このまま歌を続けたら嫌いになってしまうんではないかと思い事務所を退社。
2012年11月、日常生活の中で自然に歌は作れると感じ、完全に音楽から離れることが出来ないと思っていたところ、偶然
「アカパックン」のホームページを開いたところ、キャラクターソングの募集を見て応募したら見事選ばれました。
2015年2月、ユーチューブで見かけた、松舘香代子(チーフ)のボイスレッスン動画を見て、JOYミュージックスクールに足を運ぶ。
チーフの音楽に対する挫折したときのコメントを見て、自分と同じなんだと、共感したのがきっかけだそうです。

仏「一回挫折した人っていうのは、あとが強いですからね」

家族構成は、姉が2人弟が2人いる5兄弟、姉はピアノやっていたのがきっかけで、自分もやるきっかけになったんですけど、家族音楽一家で、お父さんもピアノ弾いたりで音楽に触れる機会は多かったのだそうです。
昔のホームビデオ見ると、レコードがBGMで流れていたくらいの音楽一家らしい。
しかも自然に!

それを聞いた仏「えー、そんな家に住みたい!」

童謡も頻繁に流れていたらしく、その影響か、今童謡路線の音楽を目指しています、とのこと。

仏「チーフはbookmarkさんとプライベートではどんな話をしているんですか?」、チーフ「レッスンの時なんかにちょっと深い話とかすることもあるけど、今日もらったプロフィールで、そうだったんだって知らないこともたくさんあったから、知れて嬉しかった!」、仏「準合格というのはボーカルの方ですか?」、bookmarkさん「ボーカルです、まだその時は作曲とかしてなかったです」、仏「え?習ってなかったのにいきなり受かっっちゃったんですか?」、bookmarkさん「準合格なんで合格とは違うんです」、仏「それでもね、みんな習ってるだろうからすごいですね」

bookmarkさんは内弁慶気質だそうで、申し込みしても直前になって緊張して自身を無くし土壇場で行くのやめたりとかしてたんですが、みんなの後押しでやってみようと思ってきたので、周りの人の力って大きいです、感謝しています、だそうです。

作詞の方は昔からしていたけど、曲が付けられず、当時ならっている先生に相談したら「いや、やってみたらできるよ」といわれ、やってみたらできました。←天才ですかw

チーフ「そういえば、アカパックンのキャラクターソング、楽屋で聞かせてもらったんですけど、すごいキャッチーで癒されたので、流しちゃいましょう!」

っという事で、bookmarkさんが作ったキャラクターソングお聞きください。
仏も超ご機嫌で踊っていますよw
※詳しくはご視聴ください

仏「かわいいー、なんか腰砕けソングでいやされるー」、bookmarkさん「作詞、作曲は自分で、歌は姉に歌ってもらいました、低い方は自分です」、兄弟共作っていいですよねぇ!

では、そろそろ生演奏も聞きたいですよね。
聞いてもらいましょう、みんなの歌に流れることが目標で作った歌、bookmarkさんで「そしてぼくがうまれた」です。
※詳しくはご視聴ください

仏「やっぱりメロディーが素敵ですね、歌詞も優しくて素敵、いろんな可能性を感じました」、チーフ「私もはじめて聞いたとき同じ気持ちになりました」、bookmarkさん「幼稚園生に歌ってもらうのが夢です」っという事で、覚えやすいメロディーでキャッチーですぐに口ずさめる良い歌です、夢であるNHKのみんなの歌に流れるといいですね!

ここでリスナーさんからのメール、ラジオネームPRの召喚獣「桜の季節ですね。お花見はやられましたか?そういえば、地元の公園の桜はもう散って葉っぱだけの木も、チラホラ、いつのまにかって感じです。bookmarkさんは、このさくらの季節にちなんだオリジナルの曲とかありますか?」、bookmarkさん「そうですね、まだないですね」、チーフ「そっか、たとえば春じゃなくても、季節の歌はありますか?」、bookmarkさん「季節より人間関係ていうか、子供向けのも作ってるんですけど、励ましたりする歌詞が多いですね」、チーフ「せっかく頂いたからあれですけど、春っていろんな思いがめぐる季節でもあるので、子供たちがランドセル背負って歌ってる春の歌、これを機に作ってみたらいかがでしょう!」、bookmarkさん「挑戦してみます!」、ということで新曲出来たらご披露お願いします!

ここであのコーナー「仏のお悩み浄化します、なーむー」

仏「さっきの歌でね、浄化されちゃってね、なんかある?みんなある?だいじょうぶ?」、bookmarkさん「んー、出てこないですね」、仏「だって、あんだけ励ます歌書いてるんだもん、無理だよ!」、チーフ「あっ、じゃぁ私いい?」、仏「、、、え?、、、いいよ。。。」、チーフ「「なんだよ!wなんでめんどくさがってるんだよwあの前回寝るときに大笑いして寝るって仏が言ってましたが、私の場合も劇団ひとりさんとかロバートの秋山さんのを見て爆笑して寝たいんですけど、逆に元気になっちゃって目がギラギラしてきちゃうんですよ、体は疲れてるんだけど、ぜんぜん寝れないんですよ」、仏「そういう時はすっごい難しい本を読め!」、チーフ「そんな本、うちにないw」、仏「それぐらいかってくれや!」っという事で浄化されました。

ちなみに、bookmarkさんはコロっと寝れる、のび太くんタイプ。
でも、布団に入ってからちょっとスマホのゲームをやるそうです。

最後にbookmarkさんとつながりたい人は、「Frekul(フリクル) bookmark」で検索すると出てきますよ!
お仕事の依頼とかあったらご連絡を!

その他、出たツラタン、タンつけたらなんでもいいんでしょ??、大丈夫だようフォローいいよ、、、私、気持ち悪い??、 武井壮のフォローは元気になれる??、マイメロちゃん最強説??、キティちゃんは我が道をいく??、私がなんの答えをもってるというんですか??、にしおあきら、ねじねじの、、、??、おネェちゃんの声かわいい??、アカパックン買おう??、激褒めでbookmarkさんタジタジ??、インド人に道を聞かれ道案内してるとき仕事なにしてるのって聞いたらぺぇじゅるどらごん??、お前ちょっとのっとられたんだけど??っと、今回も見所満載です。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2359-f2a96f33

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。