レッツセンジョイ!! 2016年4月15日放送分 - 羅夢の映画放浪記

レッツセンジョイ!! 2016年4月15日放送分



レッツセンジョイ!! 2016年4月15日放送分

バタバタで、レッツセンジョ~~~~~~~~イ!!始まりました!

【内容】

新年度に入りました、みなさん何かありましたか?

今年のお花見は公園のみ行きました!
JOYミュージックスクールでも花見会があったそうですよ。

今回のテーマは「身近にいる変な人」、林ギターミニ講座もあります。
ゲストにバンド「RIMO BAND」さんから「木村真己」さん(dr.)、「イワチャン」さん(gt.)をお呼びいたしました。

そして、2016年4月14日21時26分(日本標準時)熊本県と大分県で大きな地震が発生しました。
レッツセンジョイスタッフ一同、早い復興を心より願っております。

テーマ「身近にいる変な人」について

まーうー「この時期映画の券を配ってる変なおじさんいませんでしたか?」、林「あー、いましたね」、まーうー「儲かるんですかね?」、あったかい時期に出没する謎のおじさん、あれはいったいなんだったのでしょうか?
ちなみに、森ちゃんがそのころ見た映画はポケモン「ミュウツーの逆襲」だったそうです。

変な人の話題。
身近にいる変な人、、、それは森ちゃん?
林さんとのミーティング中に携帯いじって何かを調べていたので、なに調べてるのか聞いたら、、森「明太子の卵ってなんの卵か調べています」だそうですw

林さんは変な人って言われるのは、なんだか人と違う感じがして、うれしいほめ言葉らしいです。

続いてのコーナー林ギターミニ講座です。

今日はギター弾くときの右手はどう扱うんですか?っということでストローク講座です。

【ピックの握り方、持ち方】
人差し指と親指で普通に持ちつつ塩をつまむように十字にねじって握ります。
この時、人差し指と親指の第一関節にあたるようにしましょう。
あまり、ピックの先が出過ぎると弦を弾くときにピックがしなって弾きづらいので、出来るだけ下の方を持つようにしましょう。
林さんの場合は下の方を持ちすぎて人差し指に弦が当たって削れてることがあるそうですが、そこまでしなくてもいいですとの事w

ピックの握り方

実際弾くときは腕を動かして弾くと良くないので、手首のスナップを効かせて弾くといいです。
イメージとしてはうちわを仰ぐときみたいな感覚でやるとよいです。
注意点としては手首が上下にかえらないように出来るだけまっすぐ下に弾きましょう。

ストローク講座でした。

続いてはお待ちかねのゲスト、「RIMO BAND」さんの生演奏からお聞きください。
ビートルズの「Come Together カム・トゥゲザー」
林祐詩さんも参戦です!
※詳しくは動画をご覧ください。

では、ゲストさんのそれぞれのプロフィール紹介。

まずはイワチャン(gt.)から、幼少よりピアノを始め15歳よりギターを始める。
音楽学校在学中より、バンドサポート、レコーディング、作・編曲活動を始める。
卒業後、渡辺具義氏(主な著書:ギター・コードまるわかりBOOK等)に師事しギター全般・音楽理論・JAZZ等を学ぶ。
また、キーボーディストの寺田正彦氏に師事し黒人音楽・リズム全般・アレンジ・DTM等を学ぶ。
2011年、Bon Appetit(ビクターミュージックアーツ所属)「未来へ」に参加。カバー曲の「LEAVE YESTERDAY BEHIND(カーペンターズ)」の編曲・アコースティックギターを担当。
2009年3月よりムーチョ(SeanNorth他)と、アコースティックギターとガットギターによるJAZZ系ギターデュオ「かりんとう」を結成。関東各所のバーやレストラン、イベントや結婚式などでの演奏、ラジオへのジングル提供、メジャー・インディーズアーティストのレコーディングやライブサポートなどを手がける傍ら、ベリーダンスやクラシックバレーダンサーとのコラボレーションライブを行う等、活動は多岐に渡る。
2012年、COOL M.Bのアコースティックアルバム「because of」にかりんとうで3曲参加。
2014年2月、かりんとう初のフルアルバム「12st(トゥウェルヴ・エスティー)」を発表し全国TOWER RECORDSにて販売を開始。都内各所にてインストアライブを行う。
鮫島秀樹(元ツイスト、ハウンドドック)、丸山ももたろう(松山千春サポート)、伊勢賢治(松任谷由実サポート)、SATSUKI(元ZOO)等、一流ミュージシャンとの共演経験も多数。
2011年7月より、音楽とフィットネスのコラボレーションバンド「BEAT de 美人(ビートでびーと)」を始める。音楽監修、作・編曲を務める。
都内スポーツクラブやジム等の施設、東京サマーランド等のアミューズメント施設でのイベント出演を行う。2012年9月には名古屋ドームでのスポーツイベントにも出演し、新感覚エンターテイメントとして注目を浴びている。
2016年3月、Funk,Jazz,R&Bを基調とし、新しいサウンドを追求し続けるインストバンド、「RIMO BAND」を立ち上げ都内各所でライブ活動を行っている。
現在はアーティスト活動や作/編曲、ラジオパーソナリティ、レコーディング/ライブ等アーティストサポートと平行して、音楽専門学校にて講師としても活動している。
(フェイスブック参照)

林「幅広いですね!」、イワチャン「そうですね、広げるだけひろげてやろうかと思っていますよ、あとで困るのは自分なんですけどねw」

続きましてドラムの「木村真己」さん、1987年3月25日生まれ。
埼玉県出身。A型。
高校生よりドラムを始め本格的にプロになるために岩井禎彦氏に師事。高校卒業後は専門学校へ入学。ドラムをはじめキーボード、音楽理論や作曲など学ぶ。
卒業後、同校の非常勤講師を経て、専門学校東京ビジュアルアーツのドラム講師に就任。
師である岩井禎彦氏の主宰するNoah-projectドラムスクールに参加。
様々な音楽活動を経て、ヴィジュアル系バンドLuLuへ加入。
2008年4月、日本クラウンよりメジャーデビュー。
LOUDNESS山下昌良氏をサウンドプロデューサーに迎え多数のCDをリリース、全国ツアーライブ、テレビ出演(ズームインサタデー、カミスン!、Vの流儀、ニノさんなど)また台湾への海外メディア進出、台湾ライブツアーなども行い精力的に活動する。
自身のアーティスト活動と平行して多数のソロアーティストのバックアップドラムも担当。
ROCK、HARDROCK、HEAVYMETAL、POPS、R&B、SOUL、FUNK、JAZZ、BLUES、FUSIONと幅広いジャンルをこなし、しなるような柔軟なグルーヴを中心としたダイナミックかつスタイリッシュなプレイスタイル。歌に寄り添う温かみのあるドラムとして多くの歌い手から信頼を得ている。
現在もアーティスト、インストラクター、セッションミュージシャンとして幅広い音楽活動を展開中。
(フェイスブック参照)

イワチャン「木村真己さんとは専門学校の東京ビジュアルアーツでいま一緒にやってる同僚なんですよ」、林「RIMO BANDはどういった経緯で結成されたんですか?」、イワチャン「どういった経緯でしたっけ?」、木村真己「ひどいもんですよ!」、イワチャン「そうだっけ?w」、木村真己「イワちゃんの突然の電話、明日あいてるか?...そこから始まりましたw」、イワチャン「先輩のライブを見てなんかやらなきゃと思い突然声かけさせてもらいましたw」、その後は鍵盤とベースを探しました。

林「3月から結成ってことは、まだライブは?」、イワチャン「そうですね、3月は初ライブをした日なんですけども、まだその一回しかやってないです」、林「セッションバンドってあまりやったことないんですが、どういう風にとらえたらいいですか?」、イワチャン「今演奏した感じのようにカヴァー曲であったり、ソロで弾いたり、即興演奏をバンド単位でやってしまう感じですかね」、林「じゃぁ、リハーサルとかはあんまりしないでやってしまう感じですか?」、イワチャン「いや、リハーサルはちゃんとしますけど」、木村真己「いわゆるこういう風に弾きましょうというよりは、こういう構成でいきますよっていうのをざっくり決めて、あとはパッションでやっちゃいます」、イワチャン「えぇこというやん、ちなみに聞かれてないけど言います、RIMO BANDのRIMOはKAT-TUN方式でみんなの頭文字から作りました」

林「基本はインスト(ボーカルの入っていない楽曲)なんですか?」、イワチャン「今のところのメンバーでは歌は考えてないんですけどボーカルの方をゲストで呼んだりしてます、次回はハープ奏者の方をお招きします」、林「楽器の主旋律は歌によって変わるんですか?」、イワチャン「かわります、曲によってはギターだったり、ピアノだったり、まだ一回しかやってないので、どんどん試しながら工夫していきたいです、オリジナルもまだないので、そちらも進めていきます」

それでは、森と林とRIMO BANDさんで生演奏コラボセッションです。

用意できるまで、メール紹介。

さっちゃん「今月も入院先からのメールになってしまいましたが、明後日17日19:30からさっちゃんのMusic for Peaceは外出許可をもらい放送いたします、番組宣伝失礼しました。若干テーマが変わってしまいますが、身近に見た変な人をご報告させてください。あれは忘れもしない学生時代、池袋での事、上半身はワイシャツにネクタイ当然ヘルメットの満面笑みのスクーターおじさん、なんと下半身はばかぼんのパパのようなトランクスでした、アブノーマルな人を見たというよりも、あまりにもばからしく周囲の人は爆笑していました、すいませんでした」、変なおじさんの目撃情報でしたw

それではお待たせしました。
特別編成でお聞きください。
演奏曲は、絢香×コブクロの「WINDING ROAD」
※詳しくは動画をご覧ください。

林「僕ら作りこむ感じの方が多いので、セッションとは別物の感覚で楽しいですよね、演奏中、みんなで顔を見合わせながら、目で合図、そういうのがいいですよね、どうでしたか森さん」、森「はい、体温あがりました」、林「そんなわけで今後の展望は?」、イワチャン「今後というか目先といいますか、まずは知って頂ける事ですね、RIMO BANDってこういう演奏するんだなって、セッションなんで、その日その場で初めて生まれる音楽が多いので、たくさんの人に見てもらいたいなとおもいます。あとはオリジナルももっともっと作っていく活動をしていきたいなと」、木村真己「...以下同文ですw、あといろんな場所に行って演奏したいっていう話はよくしてます、地方だったりのツアーで、そしておいしいもの食べたいってのもありますね」、まーうー「今後行きたい地域ってありますか?」、イワチャン「行きたい所どこだろう、ぼくは実は北海道生まれなんですけど、まだ北海道でやったことないんですよ、なので個人的な目標としては北海道ですかね」、木村真己「北海道いきましょう、おいしいものも」、イワチャン「ウニとアワビとぉ日本酒とぉ...」、まーうー「目的がどっちかわからなくなってますねw」、林「他のメンバーさんは地方出身の方いらっしゃらないんですか?」、木村真己「僕が埼玉で、他の方が千葉とかわりと関東方面ですね」

っという事で時間が来てしまいました。

最後に告知、5月15日(日)、四谷三丁目メビウスで「RIMO BAND」のワンマンライブあります。
18:00オープンの18:30スタートです。
よろしくお願いします。

イワチャンは火曜の夜10時からShibuya Cross-FMでもMCをやっています。
渋谷シダックスの一階、ガラス張りのスタジオで観覧もできますよ!

その他、顔が危なかった??、メールのテロップ出るんですね??、となりにいる変な人??、顔を見た瞬間ごめんなさい??、森さんは路上で声が出なくなったら裸足になる??、森ちゃんは露出狂??、熱いパッションが、ぱぁーーー??、イワチャンがバーっときたらベースもドラムもバーっとなる??、入れ替わるんだったら同じ苗字??、森と林、そして木と岩と馬?要は森だよね??、セッションは別料金??、チケットはこちらまで??、しゃべり足りないわ、まだ少し時間ありますよ、え?何しゃべろ??、ビールも生、音楽も生、ラジオも生でございます??っと見所満載!
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2424-90f7b01c