レッツセンジョイ!! 2017年2月4日放送分 - 羅夢の映画放浪記

レッツセンジョイ!! 2017年2月4日放送分



レッツセンジョイ!! 2017年2月4日放送分

今日は新MC体制で始まりましたレッツセンジョ~イ!!

【内容】

今週の放送内容は、レパートリーは500曲を超える幅広い演奏でおなじみのユニット「ペガサス」さんから「たく渡辺」さんをお迎えして放送する予定です。
テーマは「受験の思い出ありますか」です。

まーうー「受験の思い出ありますか?」、あんぽ先生「今日、JOYの先生にそんな話をしたら高校受験の当日に麻疹にかかってしまい、朦朧としたまんま試験をうけたという話を聞きました、突然の病気はしょうがないですね」、まーうー「朦朧としたまんま試験受けれたんですかね?」、あんぽ先生「受けたみたいですね」、まーうー「ずっと頭の中で答えがリピートして入ってたんですかね?」、あんぽ先生「むしろ緊張しないですんだんじゃないですかw」

ここでお知らせ、JOYミュージックスクールでは4月に発表会をやります。
50組以上の出演枠がなんと一週間で埋まってしまったそうです。
キャンセル待ちはありますので、興味があるひとはお問い合わせください。
それとレコーディングワークショップを3月にやります。
ボカロ、アニソンコースのかた用のワークショップなのですが一般の人でも参加出来るそうです。
講師に「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」に曲、歌唱で参加されている方をお招きして講座をやるそうです。

さっそくメールです。
「こんにちは、あんぽ先生がパーソナリティを務める記念すべき第一回目ですね、ゲストも相方のたくさんとの事でとても楽しみです、今回のテーマ受験の思い出ありますか?ですが、受験は私にとって、ものすごいストレスだったようで、色々変化がありましたが、そのひとつで金縛りが特にひどかった、今でも受験の夢を見て起きたとき、よかった受験はもう終わったんだとほっとします」

まーうー「悪夢にうなされてるんですかね、金縛りとかありますか?」、あんぽ先生「あのね、揺れたりするよ、別に霊感がすごいわけではなんだけど、見ちゃったりすることがたまにあります」、まーうー「このスタジオにいますか?」、あんぽ先生「それはわかんないwでもふっと肩を触られることがあります」、まーうー「なんか受験の話から怖い話になってますね」

あんぽ先生「私の場合は音楽学校の受験だったので、結構準備の方が大変でした、こつこつ受験にむけて合格するとかね、今のセンター試験を受ける人たちみたいに勉強してやりましたよ、今年の受験生は雪が降って大変だったみたいですね、そういうのを考えると私は楽だったのかなぁって思います」

ここでお待ちかねのゲスト「たく渡辺」さんです。

あんぽ先生「ペガサスというグループの相方の方です」、まーうー「先月ね、ペガサスさんというキーワードが出たと思いますが、今週はその相方さんがゲストで登場です、早速ですがお二人ってどういう関係ですか?」、あんぽ先生「怪しい関係ではございませんよ」、たく渡辺さん「結構長くて、今年で結成してから25年、四半世紀のつきあいです」、あんぽ先生「たくさんは芸能生活三十数年になりますね」、たく渡辺さん「40年近いですね」、あんぽ先生「私も33年くらいにはなります、ほとんどペガサスでの活動ですね、最初たくさんのバンドを組むNGパターンが3つほどありまして」、たく渡辺さん「とにかくギター小僧だったんで、ギターバンドを組みたくてビートルズも好きだったので、その条件にそぐわないといやだって事で、まず2つ、女はやだ、キーボードはやだ、この二つさえなければ僕はどのバンドでもやりたいって言ってきたら、キーボードと女の人のユニットになってしまったんですよねw」、まーうー「そうですよね、条件聞いてたらアレ?ってなりましたw」、たく渡辺さん「これで25年になってしまいました」、まーうー「そのこだわりは何かに影響されてのこだわりだったんですかね」、たく渡辺さん「どうなんでしょうかね、ビートルズを聞いて組みたいというのがあって、それからだんだんバンドを解散してソロで活動することが多くなって、自分の演奏、やりたいことをサポートしてくれる人を探しているときにあんぽ弘実がいて、最初は僕のバッキングを頼んでやってもらって、言うことをよく聞いていたんですが、最近は僕が言うことをよく聞いている感じになって、気がついたら長く組んでました」、まーうー「いつの間にか逆転したんですね」、たく渡辺さん「まぁ、その方がうまくいくんですけどね」、あんぽ先生「家庭を持っている方はよくわかるのではないでしょうかw」

たく渡辺さん「まぁ、バンドを組むのにこだわりも必要ですけど、やっぱ実際音を出してもらってコンビネーションとか、そういったものが大事なので、そこに気がついたとき、これはいいなって思ってきたんですよ、サウンドもそうだしコーラスとかだんだん息が合ってくるっていうのはだんだん楽しくなってきます」、あんぽ先生「やっぱり生徒さんとかの話とかもよくするんですけど、お互いバンドを組んだりユニットを組んだりしたとき、だんだん合ってくる感覚が楽しいんだよって自分で経験してるので伝えられるのです」

たく渡辺さん「はじめはね、ペガサスの90%は僕が歌っていたんですけど、途中からコーラスをやってもらうようになって、でもハモるんですけど、声が合わないしコーラスのやり方もわからない状態だったので、こいつとはもうダメだなっていうくらいの感じだったんですけど、これが不思議とやってると声があってくるんですよ、これが生き物ってやつなんですよね、音もそうだし歌もそうだし、バンドっていうのは単純に表面上だけでやっていくのではなくて、グループって一つの生き物なので、自分たちが細胞としてどれだけやっていけるかって事が一番問われるのではないかなって思います」

そんなお二人が生演奏して頂けるとの事で、さっそく準備の方よろしくお願いします。
準備している間にペガサスさんの2012年に発売された20周年記念アルバム「OLDIES BUT GOODIES」から「Sweet Love」
生演奏は「ザ・ビートルズ The Beatles」で「ジス・ボーイ This Boy」
この曲はペガサス結成して最初の頃にやった思い出の曲です。
※詳しくはご視聴ください

まーうー「さきほど25周年と言われていましたが、あんぽ先生主体の演奏としてはどのくらいからやっていたんですか」、あんぽ先生「最初の2、3年はたくさんの曲を中心にやっていました」、たく渡辺さん「とくにハモリとかもなくバッキングで演奏してくれって頼んでました」、あんぽ先生「その頃私もお嬢さんだったので、子供ショーの歌のおねぇさんをやっていた時があって、アニメソングを歌わないといけない、当時あんぱんまんとか、クレヨンしんちゃん、ジブリの曲とか、こういうのは女性の方が歌うからたくさんだとちょっとということで私が歌う感じに」、まーうー「それじゃ、声の師匠でもあるんですね」、あんぽ先生「そうなんです、最初に声のレッスンしてくれたのはたくさんなんですよ」、まーうー「そうなんですね、そしたらボイトレとかしてほしいですね」

っていうことでボイストレーニングコーナー。
今回は腹式呼吸について。

腹式呼吸の間隔がいまいちわからないってお悩みが多いです。
そんな方に、一番わかりやすい方法は仰向けに寝て呼吸をすると誰でも腹式呼吸になっているんです。
その腹式を立ったまんまでも出来れば最高なんですが、なかなか人間そうはいかないので、レッスンで教えてる方法は、壁に背中をくっつけて(肩と背中を壁にくっつけた状態)、肩を上げないようにして鼻でゆっくり息をして、おなかに手を当てておなかが膨らんでいくのを確認しましょう。
※よく、おなかに空気をためるって言ってしまいがちなんですが、本当は肺に空気が入って横隔膜を下に動かしているので、肺をどうやって動かしているのかを意識してやるのがコツです。

さらに腹式呼吸をしっかり強化するにはお風呂の中です。
鼻で息をすってストローで吐く、よく子供がレストランでジュースをボコボコするかんじです。
お風呂でやればちょうどいい湿気もあるので練習に最適です。
※吹き矢は腹式をちゃんと使っているそうです。

普段から鼻から吸って口から出すを心がけましょう。
鼻から息をして口から吐くと、空気の循環がよくなるので、風邪を引きにくくなる、血流がよくなる、冷え性が解消されるという効果があるそうです。

「腹式呼吸ってなんの意味があるの?」

実は、音程も音量も腹筋でコントロールしている部分があります。
喉だけで歌っていると負担がかかりすぎるので複式胡弓を意識すると体全体で歌うという感覚が身につきます。
それとブレスのコントロールでしっかり声が出るようになります。
一番いけないのは胸や肩のあたりに力が入ってると声が出にくくなります。

「では、逆腹式呼吸とはなんでしょうか。」

基本は腹式呼吸でいいのですが、前のおなかだけをポンポン膨らましているだがいいというわけではなく、脇も背骨あたりも浮き輪のように全体的に膨らむ感じが適しているのでそういう呼吸法も交えてやると感覚がつかみやすいです。

なので、おなかのあたりを意識して歌うといろんなことに無駄な負担がかからず安定感がますのでぜひ日頃から意識して練習してみましょう。

「腹式呼吸の練習方法なんかはありますか?」

寝る前にとかに、仰向けに寝ておなかに手を当てて、鼻でゆっくり息をすって10秒以上かけてゆっくり息を最後まで吐く。
毎日やる必要はないですが、これをやることによって腹式呼吸の基本が身についていくと思います。
いい眠りにもつけると思います。
人間は生きてく上で呼吸って大事ですから、この機会に呼吸を見直すっていうのもいいのではないでしょうか。

あんぽ先生「たくさんはバンドのメンバーでもあり、いい師匠なんです、ここだけの話、生徒さんのお悩みをたくさんにたまに相談したりもしています」、たく渡辺さん「歌って言うものは人が歌うので、どうしても同じ腹式発声でもその人その人によって個性というよりも、得意とする部分と不得意な部分があるので教え方もかわっていくんですよね、だからあんぽ弘実の場合は生徒一人づつ、しっかり見ているっていうのがわかった上で相談してくるんで、ぼくは平均的な事をいって、あんぽ弘実がチョイスして、この生徒にはこういう部分を教えてあげようっていう指導をしてるみたいなので良いと思います」、あんぽ先生「こういう一人一人教え方が違うっていうのもJOYミュージックスクールの良いところではないでしょうか」

コメント「この歌好きです」

あんぽ先生「“ジス・ボーイ This Boy”の事かな?そうそう、ビートルズは全212曲あるんですが、クラッシック、ジャズ、トラディショナルソング(フォークソング)、ロック、ポップス、などなどあらゆるジャンルが含まれているので、勉強のためのになにを聴いたらいいですか?って聞かれたら迷わすビートルズの曲を全部聴きなさいとアドバイスしています」

「テーマについて」

たく渡辺さん「受験シーズンの時はライブが重なる事がおおくて、高校の受験の時なんかはステージがあって、レコード会社のオーディションがあったりとか、なので受験よりオーディションって感じでしたねw」、まーうー「音楽漬けって感じだったんですね」、たく渡辺さん「小学校のとき何人か受験するんですよ、そのとき俺も受験勉強しなきゃって思ったことがあって、親に受験勉強するっていったら、おまえはいいんだっていわれて意味がよくわからなかったんですけど、大人になってわかりました、そういう家庭じゃなかったんだって、おまえはいいんだって言わないで、うちの家庭はいいんだって言ってくれればよかったのに」、あんぽ先生「中学受験の話ですね」、たく渡辺さん「大学受験の時は所属していたバンドの寺島まゆみとバッドライダースのギター弾いていたんですが“寝た子を起こす子守唄”っていう歌が受験生にとても人気がある、受験生を対象にした歌だったんですよ、だからライブになると受験生とおもわれる方がいっぱい観に来られるんですよ、この音楽を聴いてまた受験勉強に励もうっていう、そういうシーンをよく見てました、こんな音楽聴いてて大丈夫なのかなって心配しながらも役に立てればと重いながらやってました、そういう思い出ですね受験生と言ったら」、あんぽ先生「今、JOYミュージックスクールの中でも受験生がいて今の時期だけお休みされてて、早く歌いたいって子達もいるんですよ、頑張ってるんだなっと思いつつ受験合格を祈っています」、たく渡辺さん「音楽は一生出来るけども、受験は今だけだから、今だけ頑張れば」、まーうー「オイラは受験の記憶がないですねw」

ここでアンゲームコーナー!

「あなたにとって理想の休日とは」

たく渡辺さん「休日って僕にとって基本的にないですね」、あんぽ先生「だって正月でも仕事してますから」、たく渡辺さん「でも、ここ数年かな1月1日の夜は休めてるかな、年末までカウントダウンライブとかやってましたから」、あんぽ先生「実はたくさん、埼玉県の春日部市で25年くらいライブハウスを経営していて、そのときから休みなかったんですよ、私は勝手にやすんでたけど」、たく渡辺さん「それはしょうがないですね、従業員なんで、僕は経営者なんで、お店自体には休みがあったんですけど、その日はライブにいっちゃうので、だけど僕自身は休んでないっていうことで、理想の休みってあんまし考えたことないんですよね、まぁ休日に音楽の制作活動をするっていう日があって時間に追われず自由にコーヒーを飲みながらっていうのが休日の過ごし方ですかね」、まーうー「そういうのいいですね」、たく渡辺さん「仕事の音楽から趣味の音楽に変わっていく瞬間が僕の理想の休日なんじゃないかなと思います」

「次の文章に当てはまることを考えてみて、私は○○の時が一番さみしいです」

たく渡辺さん「僕にさみしいときなんかあるんでしょうかwん~まぁ、孤立するのにも慣れちゃってるっていうのもあるんですが」、あんぽ先生「家庭もさみしいし」、まーうー「たとえば音楽やっていないときとか?」、たく渡辺さん「そうですね、音がないっていうのがさみしいですね」、まーうー「具体的には歌ってるときなんですかね、聞いてる時ですか?」、たく渡辺さん「聞く方もですね、聞くの僕大好きなんで、なのでカラオケとかそんなにはいかないんですけど、人が歌ってるの聞いてるのとか好きですね、うまいとか下手とかじゃなくて楽しんでるの見ると好きだなって、なので音楽がないときが一番さみしい」、あんぽ先生「ノーミュージックノーライフって感じですね」

「いじめられた経験がありましたら聞かせてください」

たく渡辺さん「あったかなぁw」、あんぽ先生「逆だよ」、まーうー「いじめる方でしたか?」、たく渡辺さん「いじめられても気がつかないタイプなので」、あんぽ先生「でもね、いじめられてる子達を助ける人だったって聞きました」、たく渡辺さん「あー、そういえば、いじめられてる子と仲良くするのが好きでした」、あんぽ先生「おもしろいでしょ」、たく渡辺さん「なんかね、ほっとけないって事ではないんですけど、昔からいじめられてる子を見るとそばいにいきたくなる」、あんぽ先生「仲良くなっちゃうんだよね、いまだにそういう傾向がある」、たく渡辺さん「まぁ、最近は仲間って言ってもみなさん大人ですから、大人の場合いじめられるっていっても本人にも原因があったりするんでなんとも言えないんですけど、でも冷静に見てますよ、その人にも良いところがあるんだろうなって」、まーうー「最近でも150万おごったとかおごらないとかそういういじめもありますよね」、たく渡辺さん「いじめられてるんだなって本人にしかわからないし、いじめてる方もいじめってわからずにやってるケースもありますから、こういうのは周りの人も気をつけないといけないし、なによりも大事なのは寄り添ってあげるのが大事だとおもいます」、まーうー「やさしいんですね」、たく渡辺さん「やさしいというかおいで、仲間になろうって感じになります、なんか心がフォークソング的な」、あんぽ先生「魂がフォークシンガーなんだな、元々が吉田拓郎さんにあこがれてこの世界にはいったんで」、たく渡辺さん「拓郎さんを知らなければ、、、もっと立派な大人になっていたに違いない」。あんぽ先生「ほんとうですか?」、たく渡辺さん「でもね、音楽を通じていろんな人に出会えて僕自身も勇気をもらったり勉強させてもらったり、そういうこといっぱい経験させてもらったし、なにより僕は人に恵まれてます、この世界に入ったのも先輩達のおかげだし、自分の力でやった事ってほんとないですよ、もしあるとすれば切符買って電車のって現場いくくらいなもので、その先はみんなが助けてくれたって感じですね、なのでそういう人たちと出会えたことが音楽やっててよかったことです、音楽やってる人たちはみんな思ってるとおもいますよ」

ここでもう一曲生演奏です。
その前に「OLDIES BUT GOODIES」から「心変わり」をお聴きください。
生演奏は「OLDIES BUT GOODIES」から「魔法のキッス」
※詳しくはご視聴ください

コメント「昨日は楽しい時間をありがとうございました」

あんぽ先生「昨日はライブだったんですよ」、まーうー「なんかこの曲はアニメの主題歌みたいな感じですね」、あんぽ先生「よく言われるんですよ、このアルバムの曲は2曲ほどたくさんが作って、あとは私が作りました、魔法のキッスは私が作詞作曲でたくさんがアレンジって感じです」、たく渡辺さん「これは全部生演奏にこだわって作りました、打ち込みとか全然使わなかったです」、あんぽ先生「JOYミュージックスクールでもね、DTMコースががあって、そういうので作る人が多いんですけどね、時代に逆行しているやり方で」、たく渡辺さん「そう、あえて時間かけてね、でもまぁ、できあがりはやっぱりあったかいですよね、参加アーティストもいい人が参加してくれました」、あんぽ先生「そうそう、元オフコースの清水仁さんとか、今も一緒に演奏していますけど、あとたくさんの弟さんがドラマー(ドラム)で、地獄先生ぬ~べ~のエンディングのテーマで参加されてたりとかしている方です」

最後に宣伝

ペガサスは今、北千住で主に活動していまして、東口にマジカルファンタジーというライブハウスで第二、第四金曜日。
第二金曜日はセッションデーで私たちの生演奏でお客様が歌えるというスペシャルなライブ、歌いたい人も演奏したい人もおいでって感じです。
楽譜もってきて頂ければ初見でも弾いちゃいます!
第四金曜日はペガサスライブで最後の方はディスコタイムみたいになります。
60年代、70年代の音楽を中心にお届けしておりますので、そのあたりの世代の方にはたまらないんじゃないかと思います!
もちろん若い方も新しい感覚で見に来て頂けたらなと思います。

興味あるかたはこちらから
「LIVE acoustic magical fantasy」

そのほか、メールもお待ちしておりますが、差し入れもお待ちしております??、ちょっと今日は全体的にかたいですね??、ちらっとチラシ??、小学校からの時のつきあいっていう定??、馬だから家庭は持ちづらい??、四方固めの隙を狙っている??、恋の師匠??、四つ足の動物はみんな腹式呼吸、オイラ四つ足じゃないですけど、あっ四つ足でした??、お風呂のお湯をストローで飲む??、お決まりのことは忘れがち??、気づきって大事ですよ??、かなり年配の方達がお世話になった寺島まゆみ??、中山の最後の上り坂の直線にかけている??、さみしいとき~??、めでたしめでたし??、どんどこい??、風邪気味だだったけどインフルエンザじゃなかったです??、っと今回も見所満載です。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/2455-cde45c30