トップガン - 羅夢の映画放浪記

トップガン

トップガン
評価 ★★★★★

トム・クルーズの出世作であり、トニー・スコット監督をメジャーにもしたパイロット訓練生たちの物語である。

アメリカ海軍のF-14トムキャットを駆るエリート中のエリート、トップ1%に入るパイロットを、別名「トップガン」と呼ぶ。

その仲間入りを果たした粗野なパイロット、マーベリック(クルーズ)が、女性教官との恋や親友の死と挫折を乗り越え、真のトップガンになるまでを描く。

この青春ストーリーを、ケニー・ロギンスやチープ・トリック、マイアミ・サウンド・マシーンらのダイナミックなロックビートにのせて描いている。

なかでも、クルーズとケリー・マクギリスのしっとりとしたラブシーンをサポートした、ベルリンが歌う『愛は吐息のように』は、アカデミー主題歌賞を獲得した。

T・クルーズ主演のスカイアクション。
米海軍のトップガン所属のマーヴェリックは、自信を持って操縦桿を握っていたが…。

米海軍航空基地のエリート集団“トップガン”に選ばれた訓練生が、友人の死や困難を乗り越えて成長していく姿を描いた作品。
トム・クルーズ、ヴァル・キルマー、アンソニー・エドワーズほか出演。

この映画はエリートパイロットの苦難を乗り越え成長していく物語。

アメリカ万歳映画は好きではないのだが、これは別格に面白い。
トム・クルーズの名が売れはじめたのもこの作品。

なんと言っても『トップガン』のテーマが流れてくると、聞いているだけでテンションがあがりますなぁ。

内容的にはアメリカの人材はこんなにすばらしいんだぁっという捻くれた見方をすれば自慢映画に過ぎないのだけれども、これは面白かった。

アメリカ万歳映画が嫌いな人でもこの映画は見る価値あるかもしれません。
コメント
非公開コメント

あれ、前にどっかで、トップガンの話でなかったっけか?
うちの兄ちゃんがトップガン見たけど、σ(´∀`●)ァタシ興味なしって、
書き込んだ記憶がなんとなくあるんだけど…
違う記事で、話がそっちにそれたのかな?

2006-06-12 17:57 | from きほっち | Edit

たぶん違う記事だと思われ。

2006-06-12 23:22 | from ラム | Edit

どの記事だったか探すのは面倒(;´⊇`)

ところで、アメリカ万歳映画ってどういう意味?

2006-06-16 13:21 | from きほっち | Edit

その記事探してみたけど行方不明w
おかしいなぁ。

アメリカ万歳映画ってのはアメリカの軍は凄いんだ、アメリカという国は凄いんだ、アメリカの人材は凄いやつしかいない、アメリカが一番、アメリカ万歳・・・
っとういコンセプトが丸見えの映画。

例えば『トップガン』しかり、『パール・ハーバー』とか『アルマゲドン』なんかがオイラ的にはアメリカ万歳映画。

そういうのを注目してみると何となくいっている意味が分かると思うよ。

2006-06-18 11:35 | from ラム | Edit

(・д・)ホォー
確かにアルマゲドンはそうかも…

2006-06-19 11:53 | from きほっち | Edit

そのアメリカ万歳映画の中でもトップガンはまだ許せますなぁ。

2006-06-20 00:16 | from ラム | Edit

見てないからわからん(ノω`)プププw

2006-06-21 11:49 | from きほっち | Edit

この映画はかっこいいよ。

アメリカ万歳的には、うちの軍用機のパイロットは一流で打ち落とせるものなら打ち落としてみろっみたいな映画の内容だけど、良く見るとトムクルーズ演じる主人公が一流パイロットの中で、どうやって腕を上げていくか、腕が良くても仲間がいないとだめなんだ、みたいなメッセージもかくされています。

ともかく、見た方が早いかw

2006-06-21 23:53 | from ラム | Edit

(・д・)ホォー
単に『アメリカ万歳』ってだけじゃないのね。

2006-06-26 11:19 | from きほっち | Edit

まぁ、基本的には『アメリカ万歳』なんだけどw

2006-06-27 23:15 | from ラム | Edit

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/345-b356474a