リーサル・ウェポン2 炎の約束 - 羅夢の映画放浪記

リーサル・ウェポン2 炎の約束

リーサル・ウェポン2~炎の約束~
評価 ★★★★★

国際麻薬組織の陰の大ボスは、南アフリカ政府の外交官だった。
治外法権で市警察が手を出せない大物は、事もあろうに組織最強のヒットマンを市警に放つ。
仲間の刑事たちが次々と殺されていく…。

犯罪の最前線を駆け抜ける無鉄砲刑事メル・ギブソンが、黒人刑事ダニー・グローバーと再びコンビを組んだシリーズ第2弾。

前作の麻薬事件のつながりから、巨大な組織の全貌が浮かび上がる。
事故死した妻も、実はリッグスと間違えて殺されていたのだ。

前作に引き続きメガホンを取ったリチャード・ドナー監督の迫力ある演出が冴えわたる。
ユーモアあふれる2人の刑事のやりとり。
そして彼らの哀しみと怒り。
2人の命をかけた友情の絆は、世界中を熱狂させた。
前作はただのプロローグにすぎなかったのだ。

麻薬密売組織に挑むロサンゼルス市警コンビの活躍を描いた、メル・ギブソン、ダニー・グローバー競演で贈るハード・アクションシリーズ第2弾。

この映画は『リーサル・ウェポン』の第2弾。
今回もドタバタと2人のコンビがヒヤヒヤさせながら事件を解決していきます。
前作以上の息のあったコンビのやり取りは必見です。

今回の印象に残るシーンはトイレ時限爆弾装置事件w
その他色々と面白いシーンがありますが、それは見てのお楽しみ。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/471-a4ce422a